韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  GM、北米5工場の稼働停止へ トランプ氏「感心しない」

GM、北米5工場の稼働停止へ トランプ氏「感心しない」

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は26日、2019年中に米国とカナダの5工場の生産を停止する計画を発表した。電気自動車(EV)をはじめとする成長分野に、経営資源を振り向ける製造拠点の再編計画の一環。北米で約1万5千人が一時解雇される見通しという。

トランプ米大統領は発表を受け、記者団に「この国はGMのために多くのことをやってきた。感心しない」と不満を表明した。製造業の雇用拡大を主張してきたトランプ氏にとり、GMの人員削減は2020年の大統領選再選に向けて痛手となる恐れがある。

GMの発表では、来年中にカナダのオンタリオ州オシャワ、米中西部デトロイト、オハイオ州ウォーレンにある3カ所の完成車組立工場を停止。ほかに米国の2工場でも生産を停止する見込みという。 バーラ最高経営責任者(CEO)は、「わが社の長期的な成功のため、市場と消費者の変化に適応する必要がある」と説明した。

米市場の自動車販売は頭打ちの傾向がみえ、セダンからスポーツ用多目的車(SUV)などに人気車種が移行。GMはリストラでセダンの一部車種の生産を縮小させ、20年末までに60億ドル(約6800億円)を捻出。EVや自動運転技術に投資を充てる方針だ。
https://www.sankei.com/

スポンサードリンク
GMは、主力の米新車市場でセダン離れが鮮明となる中、生産体制を抜本的に見直すとした。次世代の移動手段として期待される電気自動車(EV)や自動運転車の開発競争が激化する中、経営資源をこれらの新技術に集中させ、長期的な成長につなげるのが狙いだ。GMは10月末には北米で約1万8000人を対象に早期退職の募集を始めていた。今回の発表ではカナダのトロント近郊にあるオシャワ工場など北米の3つの組み立て工場と、米国内にある2つの部品工場で19年に新規の生産車種の割り当てを休止することを明らかにした。工場の稼働をいつ止めるかについては明らかにしていない。

日本経済新聞は、北米以外の地域では、既に表明済みの韓国・群山工場の閉鎖に加え、19年末までに2つの工場の操業を中止する方針も明らかにした。開発に費用がかかるプラットホーム(車台)を絞り込むなど業務プロセスを合理化することで、管理職については世界で25%を削減すると報じている。一方で、電動化と自動運転技術の開発に割り当てる人員は今後2年で2倍に増やすという。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年11月27日 09:23 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp