韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  GMが工場閉鎖する中…新車発表を妨害する韓国の労働組合

GMが工場閉鎖する中…新車発表を妨害する韓国の労働組合

米ゼネラルモーターズ(GM)が2009年以降では最大規模となるリストラに入った。GMは26日(現地時間)、7カ所の工場の稼働を追加で中断して約1万4700人の人員削減をすると明らかにした。この作業が終われば世界18万人のGM役職員のうち8%が職場を失う。

GMが稼働中断を宣言した5カ所の工場はすべて北米地域(デトロイト、オハイオ、メリーランド、ミシガン、オンタリオ)だ。追加で閉鎖するという2カ所の工場はまだ明らかになっていない。米経済放送CNNは「GMは2019年末までに北米以外の地域で3カ所の工場を閉鎖するが、このうち韓国GM群山(クンサン)工場はすでに閉鎖した」とし「残りの2カ所は明示しなかった」と報じた。

GMは韓国で群山工場を閉鎖したが、富平(プピョン)・昌原(チャンウォン)・保寧(ボリョン)工場が追加の閉鎖候補群から完全に除かれたわけではない。GMが世界的なリストラを推進しながら根拠として前に出した「GMビジネスポートフォリオ」によると、閉鎖する工場を選定する核心の根拠は「潜在収益率」と「事業掌握力」の2つだ。今回GMが北米5カ所の工場を閉鎖したのは、北米乗用車事業部門がこの2つの基準ですべて水準以下(low)の評価を受けたからだ。

スポンサードリンク
問題は韓国GMの潜在収益率・事業掌握力がともに北米乗用車事業部門よりさらに低い評価を受けている点だ。韓国より潜在収益率が低いと評価した事業(ボクスホールブランドなど)や事業掌握力が低いと評価した事業(ロシア工場など)はすでに整理している。 一方、同じ基準で高い評価を受けた事業は投資を拡大している。例えば潜在収益率で最も高い評価を受けた北米SUV生産工場やキャデラックブランドだ。また、潜在収益率が相対的に高くなくても事業掌握力が高いという評価を受けた南米事業部門や商用車事業もリストラの対象ではない。
https://japanese.joins.com/

韓国GMの今年(1-10月)の国内販売台数(7万4595台)は前年同期比32.3%減少した。10月の販売台数は国内5カ所の自動車企業で最も少ない。結局、富平・昌原・保寧工場がGMのポートフォリオで生存するためには、生産性とGMの営業力を高めることが当面の課題と中央日報は報じている。すでにGMが韓国に工場を維持する必要性は無いわけで、撤退を記事にすれば労使問題で面倒なことになりかねない。撤退はタイミングを見てという事だろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年11月28日 09:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp