韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国人の20%が「過去・現在・未来すべて不幸」と認識

韓国人の20%が「過去・現在・未来すべて不幸」と認識

韓国の成人の5人に1人が過去と現在ともに不幸で、近づく未来も不幸だろうと考えていることが明らかになった。また、5人中3~4人は失敗すれば下層に落ちかねないとの不安感を抱いていた。 保健社会研究院が2日に刊行した「保健福祉フォーラム」最新号に掲載された報告書「韓国人の幸福と幸福要因」によると、韓国の成人の20.2%は「現在不幸で、過去に比べ良くなっておらず、未来も希望的でない」と感じていることが明らかになった。

「過去よりましになったが、現在は不幸で、未来も希望的でない」という人も2.4%で、成人の22.4%はいわゆる「希望脆弱層」に分類された。 希望脆弱層に分類された人たちは世帯所得や教育水準が低い人が多かった。また、60代以上の高齢層と40~50代の男性の割合も高かった。 次いで「現在も大丈夫で、未来も概ね大丈夫だ」という回答は56.7%だった。「現在は不幸だが未来は希望的だ」という回答は18.2%、「現在は大丈夫だが未来は不安だ」という回答は2.6%だった。

こうした結果は韓国開発研究院が国民幸福指標開発研究を実施して成人2000人を対象にアンケート調査して出されたもの。 回答者はまた、韓国社会の敗者復活と階層安定性が低下していると認識していることが明らかになった。 「韓国社会では事業の失敗や破産などの状況を迎えると回復できない」という考えに同意した回答者は55.9%に達した。

スポンサードリンク
また「最初の職場に入る時に一流会社に入れなければ一生が狂う」(35.7%)と考えていた。 社会移動性の側面で「下層への移動の可能性」を聞いた結果、「可能性がとても大きい」が15.1%、「可能性が若干ある」が56.8%で、合わせると71.9%が階層下落を懸念していた。 報告書は「韓国は社会内の幸福格差が大きいため国民幸福水準を高めるには格差を減らすことに焦点を当てなければならない。社会的弱者の所得・雇用状況改善にまず関心を持ち、中長期的に社会全般に広まった不信・不安を解消しなければならない」と指摘した。
https://japanese.joins.com/

「現在も大丈夫で、未来も概ね大丈夫だ」という回答は56.7%で「現在は不幸だが未来は希望的だ」という回答は18.2%という事は、言い換えると、74.9%は「未来は大丈夫或いは希望的」という考えだ。記事題名からすると、一見将来は大きな不安と受け止めがちだが、記事内容をみるとそうではない。何とも幸せな韓国人である。通貨危機や自国崩壊が起きても、過去の様に他国が助けてくれるから未来は大丈夫とも言い換えられる。

また」「最初の職場に入る時に一流会社に入れなければ一生が狂う」というが、すぐ退職する文化を持つ韓国人は、一流会社に数年勤めても、次がなければ仕方がないと思うが…。どうも韓国人の考え方は自己都合や妄想が強い。危機感を持てば、何でも働いて稼ぐという強い意志は無い。これでは競争力に欠けるわけである。

日本における2000年の失業率は10%を瞬間値では何度も超えたが、当時の45歳以上は日本で仕事が見つからなければ、海外に出向いてでも仕事を見つける意欲が強かった。結果多くの人材が中国の日系企業に再就職した。おかげで中国の管理面は急激に成長した。日本人と大きく違う部分でもある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年12月02日 19:00 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp