韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「新産業の墓場」韓国を離れる未来企業

「新産業の墓場」韓国を離れる未来企業

自動運転車の韓国最高の専門家とその弟子たちが設立したスタートアップ企業が事業拠点を米シリコンバレーに移した。同社が製作した韓国製自動運転車が先週からシリコンバレーのど真ん中でテスト走行に入り、宅配実験サービスを開始した。設立者であるソウル大工学部教授は「荷物をまとめて、国外に出るしかなかった」と話した。「韓国には事業を行う条件が整っていない」からだという。韓国には未来がないという指摘にいまになって「無理もない」との声が漏れる。

この企業は本来、韓国の道路事情に最適化した自動運転車で韓国での事業展開を目指していた。複雑なソウルの都心部を6万キロメートル以上無事故で走行し、技術力も立証した。ところが、実用化の過程で壁に直面した。出資する投資家がおらず、人工知能(AI)などの人材確保にも苦労した。最大の障害は古い規制と法制度だった。緩やかなガイドラインさえ守ればよい米国とは異なり、韓国では自動運転車の走行には道路交通法、自動車管理法などが定めるややこしい条件を整える必要がある。自動運転車が活躍可能なカーシェアリングサービスも事実上禁止されている。結局米国に拠点を移し、250万ドル(約2億8200万円)のファンディングを受け、米国の大企業との提携に成功したことで、実用化を目指すことができた。劣悪な起業環境と規制が有望な新技術を持つ企業を国外に追い出してしまった。

スポンサードリンク
韓国IT産業のライバル同士であるネイバーとカカオがフィンテック分野で収めた成果は韓国の現実を如実に物語る。カカオが韓国に設立したインターネット専業銀行は、銀行と産業の分離を定めた銀産分離規制のせいで、1年以上にわたり増資ができなかった。カカオの証券取引アプリは非対面投資一任契約を禁止した規制に直面した。一方、日本にフィンテックの拠点を設けたネイバーは、オンラインでの融資、証券・保険から仮想通貨取引所まで事業分野を広げ、米フォーチュン誌の世界有望フィンテック企業ランキングで一躍6位に入った。現在の韓国は時代錯誤的な法制度と規制による「新産業の墓場」だ。
http://www.chosunonline.com/

2017年版の「ビジネス環境の現状」報告書では世界190ヵ国・地域における「ビジネスのしやすさ」を順位付けしている。1位は前年と同じニュージーランド、3位デンマーク、6位ノルウェー、9位スウェーデンと北欧圏が存在感を見せた。7位と8位にはイギリスとアメリカがそれぞれランクイン。また、2位にシンガポール、4位香港(中国)、5位韓国とアジア勢も健闘している。各項目のランキングでは、日本は「起業のしやすさ」では89位とアジアの中でも大きく後れをとっている。また「資金調達」は82位、「税の支払い」は70位、「建設許可の取りやすさ」は60位である。一方、「破たん処理」は2位、「電力供給」は15位と健闘した。

一方、韓国は項目別「起業しやすさ」では11位にランクしている。規制は多いとはいえ、起業しやすいのは事実。海外に出てしまうのは別次元の問題と考えるべきで、単に規制の多さだけの問題とは言い難い。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年12月05日 13:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp