韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  海外メディアが絶賛の韓国車、なぜ売れない?

海外メディアが絶賛の韓国車、なぜ売れない?

2018年12月4日、韓国・中央日報は、現代(ヒュンダイ)・起亜自動車が海外メディアから絶賛されているにもかかわらず販売が芳しくないとして、これを「業績ミステリー」と報じた。記事によると、現代自動車は英BBCの人気自動車番組が母体の雑誌「トップギアマガジン」に掲載された「2018トップギア・アワード」で、「今年の自動車メーカー」に選ばれた。「現代自は最も多彩なモデルを披露したブランド」「自動車業界からの嫉妬を一身に集めている」と評価されたという。

ドイツの自動車専門誌「Auto Zeitung」の「オート・トロフィー賞2018」では、「最も革新的なブランド」に選ばれた。「現代自はセダンだけでなく、プラグインハイブリッド車(PHEV)、電気自動車、水素自動車まで全てのパワートレインを生産する、まれなメーカーだ」との評価だった。またイギリス「Green Fleet Awards」の「今年の電気自動車メーカー」にも選ばれているという。 さらに「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」の最終候補7車種に起亜自の「シード」が入っているほか、「北米カー・オブ・ザ・イヤー」では乗用車部門で現代自「ジェネシスG70」が、ユーティリティー部門で現代自「コナ」が、それぞれ最終候補となっているという。 このほか、米自動車メディア「モータートレンド」が選ぶ「カー・オブ・ザ・イヤー」にも「ジェネシスG70」が選ばれている。

スポンサードリンク
だが、記事は「好評が相次いでいるが、販売台数はその名声に及ばない」と伝えている。11月の販売台数は現代自が40万3381台、起亜自が24万7115台で、前年同月より4.2%と3.8%減少したという。また、これまでは国内販売が海外での不振を支えてきたが、起亜自の11月の国内販売台数は4万8700台で、前年同月より0.7%減少したという。「輸出の不振も相変わらず」で、現代自(33万9250台)は前年同月比5.0%減少、起亜自(19万8415台)は4.6%減少している。ただ米国市場が「せめてもの救い」で、現代自は3.0%、起亜自は1.8%増加したという。
https://www.recordchina.co.jp/

2018年11月6日、韓国・SBSは、「韓国自動車産業が厳しい状況に置かれている中、韓国市場でベンツやトヨタなどの輸入車は飛ぶように売れている」と報じている。今年に入り韓国で1万台以上を販売した輸入車ブランドは、ベンツやBMW、トヨタなど6社で、レクサスやフォードも年末までに1万台を上回るとみられている。相次ぐ火災事故により一時運行停止措置が取られたBMWも、依然として輸入車販売量で2位を維持しており、3年前の「ディーゼルゲート事件」で販売が激減したアウディとフォルクスワーゲンも果敢な割引販売で再び売り上げを伸ばしている。

現在の韓国市場の輸入車シェアは過去最高の17%に上っており、6台中1台が輸入車ということになる。多様な車種と価格で若い消費者を狙う戦略が当たったとしている。韓国車は輸出が減少し内需市場まで奪われている状況と警笛を鳴らす。理由は、自動車産業は他の産業への影響が大きく、輸入車シェアが高まると韓国の製造業産業に良くない影響を及ぼしかねないからだ。 記事では海外メディア絶賛の韓国車に対し、ネットユーザーらは「カネで買った賛辞」と掲載している。金で買えるかどうかは別としても、売れる人気と評価項目で違いが生じることも多々ある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年12月06日 08:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp