韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国が開発した機動ヘリ、フィリピン向け輸出ならず

韓国が開発した機動ヘリ、フィリピン向け輸出ならず

韓国型機動ヘリコプターKUH-1「スリオン」のフィリピン向け輸出が結局失敗に終わった。 防衛事業庁関係者は5日、「昨年末に在韓フィリピン大使館から通知を受けた。米国製ブラックホークに決まったものと承知している」と明らかにした。

フィリピンはスリオンと競合してきた米シコルスキーのUH-60「ブラックホーク」を購入することにしたという。 フィリピンは2016年末にカナダ企業と2億3300万ドル規模のベル412ヘリ16機の購入契約を締結したが、カナダがフィリピンの人権実態を問題にすると昨年初めに契約を破棄し、新たな購入先を物色してきた。

韓国当局は最近軍事力近代化に乗り出したフィリピンへのスリオン輸出に向け努力してきた。昨年6月のフィリピンのドゥテルテ大統領訪韓時に国防部を訪問した際、国防部の練兵場にスリオンを展示したりもした。

スリオンは陸軍の老朽化した既存のUH-1H、500MDに代わり指揮統制、航空捜索偵察、人員と物資輸送など戦闘支援用として運用するため韓国で研究開発したヘリコプターだ。

スポンサードリンク
スリオンのフィリピン向け輸出が失敗に終わったのは昨年7月に発生した海兵隊上陸機動ヘリ「マリンオン」の墜落事故が影響を与えた可能性がある。マリンオンはスリオンを改造して製作された。また、スリオンは価格競争力でもブラックホークに押されていたという。これに対し防衛事業庁関係者は「競争で負けたもの。マリンオンの欠陥のためというのは推測のようだ」と付け加えた。
https://japanese.joins.com/

2018年7月17日、韓国南東部の慶尚北道・浦項で韓国製ヘリコプター「スリオン」を海兵隊用に改造した「マリンオン」1機が試験飛行中に墜落し、乗っていた6人のうち5人が死亡する事故が発生している。韓国・JTBCは「スリオンは韓国製ヘリとして期待されていたが、開発段階から安全性が問題視されていた」と指摘している。

韓国防衛事業庁は、2018年5月24日、スリオンヘリ左上フレーム(骨組み)に亀裂が発見されたとし、運用中の60機の全スリオンヘリについて目視・非破壊検査を実施した結果、8機が同部位に1.2~1.5センチの亀裂が発生していたことを確認したと明らかにしている。欠陥のあるヘリを他国に売りつける韓国であるから、外交交渉ネタがなくなり、借金外交だけが残ることになる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年01月06日 12:24 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp