韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG電子、昨年10-12月に80%減益

LG電子、昨年10-12月に80%減益

韓国家電大手のLG電子が8日発表した決算短信によると、2018年10-12月期(第4四半期)の営業利益が前年同期比79.5%減の753億ウォン(約73億円)にとどまった。売上高も7.0%減の15兆7705億ウォンだった。IT景気の後退による直撃を受けた格好だ。

通期業績は営業利益が前期比9.5%増の2兆7029億ウォン、売上高が0.1%減の61兆3399億ウォンだった。証券業界はLG電子の10-12月期の営業利益を2600億ウォンと予想していたが、予想値を大きく下回った。同社の四半期ベースの営業利益が1000億ウォンを下回るのは、2016年10-12月期(35億ウォン)以来2年ぶりだ。 業界関係者は「スマートフォン部門の赤字が続いているほか、ブラックフライデー商戦でテレビメーカーによる激しいマーケティング競争があったことも業績悪化の原因だ」と指摘した。

SKハイニックスも半導体市況の悪化で昨年10-12月期の営業利益が5兆ウォン台にとどまるとみられる。同社は昨年7-9月期に営業利益が過去最高の6兆4720億ウォンに達していた。米中貿易戦争に伴うアップルの業績不振を受け、韓国の部品メーカーにも悪影響が及びそうだ。

スポンサードリンク
電子業界関係者は、アップルにカメラモジュールを納品しているLGイノテック、アップルに液晶パネルを納品しているLGディスプレーの業績も予想を下回るとみている。
http://www.chosunonline.com/

2016年2月に発売されたLG電子の「G5」は世界初の「モジュール型」と銘打ち、カメラ、スピーカー、バッテリーなどの各種付加機器を着脱式にして利用できるという点を強調した。しかし、結果は惨憺たるもので、G5がリリースされた年にLG電子MC(携帯電話)事業本部は1兆2000億ウォン(約1230億円)台の赤字となった。 専門家はG5が失敗した理由として、「競合他社よりも遅いリリース」、「初期供給量の調整ができなかった点」を挙げた。しかし、本質的な問題は「モジュール型」というコンセプトそのものだった。

さらに『V30+』は2017-2018冬春スマホの中では、地味な印象だ。だがトレンド機能全部入りで軽いのだが、結局は売れないわけで、サムスンでさえ中国に押された形だ。中国市場でアップルも売れずに株価が下落した。今後のスマホ競争は厳しくなるだろう。LG電子はスマホの有機パネル供給だけに特化するのではないか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年01月09日 11:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp