韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  Google、Facebook、そして Amazon の時代がくる

Google、Facebook、そして Amazon の時代がくる

Amazonが広告事業で力を強めている。広告バイヤーや競合の小売企業、各プラットフォームも広告業界におけるAmazonの存在の大きさを認めざるを得ない段階にきている。

2018年10月に発表された第3四半期におけるAmazonの広告事業収益は、123%増の25億ドル(約2800億円)となっている。続伸する同社が、GoogleとFacebook2社のデュオポリーに割って入るのにさほど時間はかからないと見られている。eマーケター(eMarketer)は、広告主が2018年にAmazonへ投じた費用は46億ドル(約5150億円)に達するとしており、これは市場のシェアの7%を占める。これはGoogleの37%、Facebookの20%という数字にはおよばないものの、Amazonの成長速度はいずれのプラットフォームもはるかに上回っている。2018年第3四半期にブランド各社がAmazonに支払った広告支出は、2017年第3四半期とくらべて250%増加している。

業界アナリストもAmazonのポテンシャルを高く評価。シティリサーチ(Citi Research)は2018年1月に 、Amazonの広告事業は今後10年で500億ドル(約5.6兆円)に到達すると予測している。

スポンサードリンク
「いまのAmazonは、継続的に金を払わなければ勝負できないプラットフォームになっている。広告がなくなることはない。Amazonの市場シェアは、今後も増加するだろう。そして、Google、Facebook、さらにAmazonが市場を独占する時代が来る。2018年のAmazonの成長は、その将来を感じさせるものであり、2019年には誰の目にも明らかになるだろう」と分析するのは、プラットフォーム管理システムを提供し、Amazonでサードパーティ販売も行っているスクバナ(Skubana)でCEOを務めるチャド・ルビン氏だ。同氏は「今後はさらにAmazon向けに予算が割かれるようになる」と予測している。
http://news.livedoor.com/

「What happens in Vegas, stays in Vegas.(ラスベガスで起きた出来事は、ラスベガスに置いていく)」。ラスベガスには、観光組合が広めたとされる「旅の恥はかき捨て」に相当する有名なキャッチコピーがある。アップルの広告にある文言はそれをもじったものだと伝えている。言わんとするところは「iPhone上のユーザーデータが、他者の手に渡ることはない」といった意味になる。

アップルがこの広告をCES会場近くに掲出した狙いは、今年のCESの主役が、ユーザーから様々なデータを収集し、それを使った広告ビジネスなどを展開するグーグルやアマゾンだと言う指摘がある。アップルにとっても厄介な出来事となる。販管費が非常に少ないアップルが、今後の展開でグーグルやアマゾンが広告合戦の主役になるほどに、アップル商品の売り上げにも影響するという事だろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年01月10日 09:30 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp