韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  アップルは中国の消費者から「非公式なボイコット」を受けている

アップルは中国の消費者から「非公式なボイコット」を受けている

2019年1月10日、米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは、アップルは中国の消費者から「非公式なボイコット」を受けている可能性があり、同社のスマートフォン「iPhone」の売り上げはその影響を受けているとする見方が一部のアナリストから出ていると伝えた。 記事によると、バンク・オブ・アメリカメリルリンチのアナリストは最近発表したリポートで、「中国の消費者のiPhoneに対する購買意欲が弱まる一方で、中国のシャオミ(小米)や韓国のサムスンの製品への関心は高まっている」とし、中国の消費者はもはや盲目的に米国製品を追求しておらず、iPhoneの売り上げもその影響を受けていると警告したという。

IDCの調査によると、世界のスマートフォン出荷台数で、中国のファーウェイ(華為)はすでにアップルを抜いて2位となり、OPPOなど他の中国ブランドも追い上げをみせている。 アップルが先週、2002年以来初めて四半期の売上予測を下方修正したというニュースは、主に中国でのiPhoneの販売不振によるものであり、ウォール街と投資家に衝撃を与えた。 トランプ政権は、この問題を引き起こしたのはアップル自身の問題によるものと考えているが、アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、それを米中貿易の緊張関係に帰している。  米中貿易摩擦は、すでに米国の株式市場に影響を及ぼしており、さらに人民元の切り下げは米国製品の競争力を低下させ、中国の米国製品に対する「非公式ボイコット」はさらに米中貿易赤字を拡大させている。

スポンサードリンク
バンク・オブ・アメリカメリルリンチのエコノミストは、貿易戦争の影響は今春までに方向転換し、米国経済により大きな影響を与える可能性があると予測している。また、中国の景気減速は米国よりも速いが、春には回復すると予測。「貿易戦争では双方が共に敗者だ」と指摘している。
https://www.recordchina.co.jp/

「非公式ボイコット」に乗り出している可能性が事実なら、中国のライバル企業が安定した出荷を続けているにもかかわらず、中国からの売り上げが打撃を受けているとアップルが先週警告した説明がつく。中国やインドの消費者の間でアイフォーンのアップグレードへの関心が低下しており、小米やサムスン製品のアップグレードへの関心が高まっている。全般に中国の需要が米製品から離れている事が、アップルの販売を圧迫していると言えるだろう。

米中貿易戦争は、ハイテクを巡る競争を考慮すれば、政治から販売への波及が携帯電話市場で特に顕著となりかねないだけに今後注視する必要がある。


関連記事

ブログパーツ
[ 2019年01月11日 08:09 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp