韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国ネイバー、日本進出10年目に「LINE」で結実

韓国ネイバー、日本進出10年目に「LINE」で結実

韓国大手インターネット企業のネイバー(NAVER)は全体売り上げの35%ほどを海外で上げている。2011年6月に日本でリリースしたスマートフォンメッセンジャー「LINE(ライン)」の功労が大きい。LINEの月間アクティブユーザー数(MAU)は日本だけで7500万人、世界では1億6500万人に達する。日本を越えて台湾、タイ、インドネシアなどでも人気が高まっている。最近、簡便決済、インターネット銀行、暗号通貨などの機能を拡大しながら「金融プラットホーム」への変身を図っている。

ネイバーは海外事業で実を結ぶまで10年以上の時間を切歯腐心した。設立2年目の2000年、ネイバージャパンを設立した後は検索やコミュニティ、ブログなどを相次いでリリースしたが、どれも苦杯をなめた。 李海珍(イ・ヘジン)ネイバー創業者は「国内市場が非常に小さいので海外で何か作り出してこそ生き残ることができると考えた」とした。「最下位を抜け出すことができず、地団駄を踏む現地職員と夜中に酒を飲み苦しんだのが1回や2回ではなかった」と打ち明けた。 相次ぐ失敗の経験は海外消費者の指向を徹底して分析するようになる一種の「刺激剤」となった。

スポンサードリンク
日本ユーザーの相当数はLINEを「日本会社が作ったメッセンジャー」と思って使っている。李氏は「韓国の“速度”と日本の“きめ細かなサービス”がシナジー効果を出したことがLINEの成功を作った」と自評した。
https://japanese.joins.com/

LINEは韓国NHN株式会社傘下の日本法人NHN Japan株式会社(現:LINE株式会社)が開発したアプリケーションソフトで、当時「NHN JAPAN」であったLINE株式会社会長の李海珍が、家族や親戚と連絡を取ろうとする東日本大震災被災者の映像を見て発案し、自ら日本に滞在して開発プロジェクトを推進した。韓国本社ではなく、日本に滞在した李海珍推進のもとNHN JAPANが開発を担当したとしているが現実は多少違うようだ。

LINEは日本で企画され、日本人の手によって開発され、開発メンバーは80人以上、様々な国籍の人間が参加している。だが日本人比率は「7~8割」(NHN Japanの森川亮社長)となる。世界各地でも日本製と認識されている。今でも世界各国のメディアが東京・渋谷にあるNHN Japanの本社へと取材に訪れている。世界中で1億人(うち国内は4100万人)ものユーザーを集めたという偉業は、日本として誇るべきとしている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年01月12日 08:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp