韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領“責任逃れ会見”に怒りの声 「完全にナメている」「日韓断絶を」

文大統領“責任逃れ会見”に怒りの声 「完全にナメている」「日韓断絶を」

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、日本国内で怒りの声が沸騰している。年頭の記者会見(10日)で、いわゆる「元徴用工」をめぐる異常判決について、日本に責任を押し付けて批判しただけでなく、韓国駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制用レーダー照射問題には一切言及しなかったのだ。菅義偉官房長官は11日午前の記者会見で、「韓国側の責任を日本側に転嫁しようというものであり、極めて遺憾だ」と厳しく非難した。ネット上では「完全にナメている」「日韓関係は破綻した」という意見すらある。もはや、「遺憾」とか「残念」というレベルでは済まない。日本政府として、決然として「制裁」を発動すべきだ。 

「韓国政府に、問題を解決する気がないことが良く分かった。(NHK記者が質問できたのはミスで)最初から日本人記者をスルーするつもりだったのではないか。不思議なことに、韓国人記者も、日韓関係について質問しなかった。韓国としては、いわゆる『徴用工』問題などを、いつまでもカードとして、日本に文句を言いたいのだろう」 文氏の記者会見について、韓国情勢に精通するジャーナリスト、室谷克実氏は、厳しい表情でこう語った。まさに、「日韓断絶」を感じさせた。注目の記者会見は、文氏が挙手した記者を選ぶかたちで進められた。日本の報道陣も挙手を続けたが、なかなか当てられない。約90分の会見終盤、ようやくNHK記者にマイクが回り、徴用工判決への韓国政府の対応について質問した。

スポンサードリンク
これに対し、文氏は「日本の政治家、指導者たちが政治争点化して、問題を拡散することは賢明な態度とは思えない」などと日本批判を展開し、「韓国政府は司法府の判決を尊重しなければならない」「日本も不満があっても仕方ないとの認識を持つべきだ」と語ったのだ。
http://www.zakzak.co.jp/

そもそ約束破るのが平気な韓国人である。韓国司法は裏で政府と密着しているわけで、三権分立など守っていない国である。みんな自己都合であると考えれば、想定内と言える。また火器管制用レーダー照射問題も論点がズレている気がする。そもそもなぜあの場所に韓国軍と北朝鮮の船舶がいたのか…。むしろここがポイントとなる。南朝鮮も北朝鮮も海上利用で物資を南朝鮮である韓国が違法に渡している経緯が過去から続いている。もし今回がそのケースならば、大きな問題となる。この部分をメディアも追及する事である。

違法に海上で物資を北側に手助けしていたら、韓国の信頼はここで完全に途切れるわけで、この状態で自衛隊機が近づけば、当然、火器管制用レーダー照射を行うだろう。理由は後付けてよい。とにかく自衛隊を追い払う事のほうが重要となる。しっかりと韓国側を叩くことである。一連の不正行為の真実を海外メディアを通じて世界に知れ渡れば、韓国も北朝鮮も信用は出来ない事で一致する。それほどに大きな問題が隠れていると考えれば、今韓国を完全にたたくべきである。

制裁はそれからでも十分だ。今の画像分析技術を駆使する事である。良からぬ積み荷の受け渡しを実施していた証拠をつかむことである。韓国軍が火器管制用レーダー照射しなければならない理由を突き止める事である。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年01月12日 12:40 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp