韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  「金正恩は核を放棄しない」と証言する米情報当局トップたち

「金正恩は核を放棄しない」と証言する米情報当局トップたち

米国の16ある情報機関を統轄する国家情報局(DNI)のダン・コーツ長官が議会での聴聞会で「情報当局による持続的な評価」と前置きした上で「北朝鮮の指導者たちは、究極的には核兵器を政権生き残りのため非常に重要な手段と考えている。そのため彼らが自ら核兵器を放棄することはないだろう」と証言した。

コーツ長官はさらに「完全な非核化と相いれない(北朝鮮による)一連の活動に対する観察がこのような見方を裏付けている」とも説明した。証拠があるということだ。聴聞会には米中央情報局(CIA)、国家安全保障局(NSA)、国防情報局(DIA)のトップらも出席し「北朝鮮は核を搭載できる長距離ミサイルの開発に力を入れている」と相次いで証言した。

トランプ大統領は2回目の米朝首脳会談を1カ月後に控えた今もなお「非核化は交渉によって達成できるし、すでに多くの進展があった」と説明しているが、米国の情報当局トップらはトランプ大統領の言葉とは正反対の証言をしたわけだ。自らの業績を誇るため誇張やうそを乱発するトランプ大統領と、生涯を安全保障政策にささげてきた情報当局者たちの一致した証言のうち、われわれはどちらを重視すべきだろうか。もはや改めて問い直す必要もないだろう。

スポンサードリンク
シンガポールで開催された1回目の米朝首脳会談のときも、非核化はすぐにでも実現するかのように語られたが、結果は完全なショーであり、なくなったのは北朝鮮の核ではなく韓米合同軍事演習だった。2回目の米朝首脳会談でも北朝鮮の核弾頭やウラン濃縮施設など核廃棄そのものではなく、枝葉末節的な合意が大々的に宣伝され、何か大きな進展があったかのような発表が間違いなく行われるだろう。
http://www.chosunonline.com/

金正恩の核開発の目的は、米国の北朝鮮に対する攻撃を抑えることにある。イラクやリビアのように、米国には他国の独裁政権を破壊する力がある。金正恩は米国の攻撃を恐れている。ロシアは朝鮮半島の非核化を支持しているが、現実には北朝鮮に核開発を凍結させるのが限度で、放棄させるのは不可能と理解している。軍事的解決はありえない。また経済制裁も効果がない。北朝鮮は厳しい制裁下でも国家の優先課題として核開発を続けるだろう。

核兵器は『平和を守るための宝剣』であり、将来の確固たる保証であると金正恩自ら述べているわけで、米国に対して無防備になることは無い。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年01月31日 16:29 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp