韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓米防衛費分担金「10億ドル未満・有効期間1年」で妥結へ

韓米防衛費分担金「10億ドル未満・有効期間1年」で妥結へ

在韓米軍駐留費用などを含む第10回韓米防衛費分担金協定(SMA)が早ければ今週中に妥結するようだと3日、外交担当の高官が伝えた。分担金総額は10億ドル(約1095億円)未満、協定有効期間は1年になる見通しだ。外交筋は「韓米間で総額に関する意見を大きく調整しており、近く終えられるようする」と話した。

韓米が最も激しく対立していた分担金総額は10億ドル未満に枠組が決まったという。これまで「1兆ウォン(約978億円)を超えることはできない」という韓国と「10億ドル未満は受け入れられない」という米国がそれぞれ一歩ずつ譲歩した形だ。昨年の第10回会議で韓国は前年度総額(9602億ウォン)比4.1%上げた9999億ウォンを、米国は総額12億5000万ドル(約1兆4100億ウォン)を要求してきた。

協定有効期間は米国側が主張してきた1年が貫かれたことが分かった。韓国は3~5年で物価上昇率水準の引上げを、米国は毎年の交渉、7%の引上げを主張してきた。

スポンサードリンク
終盤まで異見を調整できずにいた防衛費交渉が急速に終結を迎え、2月末に予定されている第2回朝米首脳会談を念頭に置いてのことではないかという分析も出ている。
https://japanese.joins.com/

韓国がこれまで分担金総額として提示してきた9999億ウォン(約971億円)台、すなわち「1兆ウォン未満」の分担という象徴性の見直しもあり得るという方針を決めていたようだ。最終交渉では有効期間の折衝に焦点があてられるものと見られる。大統領府が、米国側が提示した10億ドルを受け入れる用意があるとしていた。

一方でトランプは、金額にあった在韓米軍数にするのではと言う考えもある。つまり縮小に向けた動きと言うわけだ。最終的に分担金が決まっても、在韓米軍縮小問題は残るわけで、トランプ流の動きは分担金決定後も安心はできない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年02月04日 09:02 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
縮小しないなら、来年で10億ドルを超えるように要求されるでしょうね。
[ 2019/02/04 16:06 ] [ 編集 ]
別勘定
米軍が撤退すると、基地労働者 12,000人が失業する、
米軍不要を唱える文在寅でも急な変化はやれないようで、
[ 2019/02/05 00:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp