韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  韓国無視の安倍首相、中国主席には求愛…東京タワーがチャイナレッドに

韓国無視の安倍首相、中国主席には求愛…東京タワーがチャイナレッドに

「大家、過年好!(みなさん、明けましておめでとうございます)。安倍晋三です」。 4日晩、東京タワーが中国を象徴する赤色でライトアップされた。中国の春節(旧正月)を迎え、日本政府が中国側に送るサプライズプレゼントだった。 東京タワーの開場以降、最も多い36個の照明が使われた。日本メディアは「東京タワーがチャイナレッドに染まった」と報じた。

点灯式には華僑団体と日本外務省、在日中国大使館関係者、福田康夫元首相が出席した。程永華駐日中国大使は「中国では赤色は情熱、幸福、素晴らしさ、日増しの発展を象徴している」とし「2019年は中日両国において非常に重要な1年になるだろう」と述べた。 東京タワーが特定日を記念して照明を変えるイベントは時々あったが、今回のように中国の春節を迎えて中国の色になったのは初めて。 この日の点灯式のハイライトは安倍晋三首相が送った「春節祝賀」映像メッセージだった。安倍首相は中国語であいさつをした後、「本年が日中関係のさらなる発展、皆さまにとって幸多き1年になるようお祈り申し上げる」と述べた。

続いて昨年10月に中国を訪問して日中首脳会談をしたことに触れ、「習近平国家主席、李克強首相との間で、日中関係を新たな段階に押し上げていくことで一致した」と強調した。「日中関係は完全に正常な軌道に戻った」とも語った。

スポンサードリンク
安倍首相は先月28日の国会での施政方針演説でも「首脳間の往来を重ね、日中関係を新たな段階へと押し上げる」と述べた。当時、韓国には全く言及しなかった半面、外交分野の演説の冒頭で中国との関係改善の意志を表した。 昨年、日中平和友好条約締結40周年を迎えて中国を訪問するなど日中関係改善に努力した安倍首相は今年、習近平主席の訪日に注力している。
https://japanese.joins.com/

中国の旧正月「春節」を前に、東京タワーを初めて“チャイナレッド”に照らすイベントが開かれた。東京タワーの完成以来、最多となる36台のスポットライトが使われている。東京タワーのすぐ下には小学生約500人が集まり、獅子舞も披露された。点灯式には福田康夫元総理や程永華駐日中国大使らが参加し、安倍総理大臣から春節を祝う異例のビデオメッセージが送られるなど、日中関係の改善がアピールされた。一方、ライトアップは5日の朝6時まで行われる。

また浅草のふぐ料理専門店「玄品浅草・ふぐかに料理」では春節は7割が中国人観光客で埋まるという。中国では2016年、フグを食べることが解禁され、本場の日本で食べたいという中国人が多いとの事。史上初の対応にやりすぎとの指摘もあるが、中国にプレゼントした形で、韓国から見れば不満だろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年02月06日 09:08 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
中国から日本へ秋波
中国は、行き詰まった一帯一路戦略の出直しを迫られていて、
日本がそれに乗る気配を見せているから、いま秋波を送って
いるのは中国のほう。
日本は、悪乗りというか、ずるっこく一帯一路に協調する振りを
してるだけだ。
[ 2019/02/06 11:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp