韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本人は車にステータスを求めないのか? 日本で軽自動車が売れる理由

日本人は車にステータスを求めないのか? 日本で軽自動車が売れる理由

日本でもSUVは人気だが、同時に車体や排気量の小さい「軽自動車」が売れていることを聞いて驚く中国人は多い。中国メディアの今日頭条は2日、日本で軽自動車の人気が高い理由を紹介する記事を掲載した。記事はまず、近年多くの中国人が日本旅行へ出掛けているが、日本では非常に多くの「軽自動車」を見かけると伝え、中国ではあまり見かけない小さな車に中国人は驚くと伝えた。

続けて、中国でも箱型やトラック型の小型車は販売されているが、その多くは荷物の運搬などの商用車として使用されており、「安くて安全性に劣る」というイメージが定着していると指摘。それゆえ、中国ではこうした車を乗用車として日常的に乗る人は多くないと指摘する一方、日本では軽自動車に対するイメージや使われ方は中国と大きく異なっていると指摘した。 記事は、日本では車は日常生活の「足」として使用されていて、通勤や買い物の移動手段に過ぎず、耐久性や燃費が良いことが重視されると分析。さらに、日本の国土は非常に狭く、駐車スペースが限られているため、車体の小さい軽自動車は便利であると紹介した。

さらに軽自動車は装備の整った車でも、180万円(約10万元)ほどで購入することができ、しかも日本人の平均月収は30-40万円(1.8万-2.4万元)もあるため、会社員でも1年分に満たない給料で新しい軽自動車を購入することができるのだと伝え、「日本人は自動車にステータスを求めないうえ、実用的な車が安い価格で販売されているからこそ軽自動車を選ぶのだ」と論じた。

スポンサードリンク
中国でももちろん軽自動車のような小型車は購入可能だ。だが、多くの消費者の支持を得ているわけではない。メンツを気にする中国車会で小型車が広く受け入れられるには、超えなければならないハードルは非常に高いと言えるだろう。
http://news.livedoor.com/

面子で軽自動車は択ばないというが、軽自動車の性能以上に上級車は250万円レベルであるから、考えてみれば非常に高いわけで、個人的には思いは複雑である。税金は安いし燃費もよいが、消して車両価格は安いとは言い難い。値段が高い理由としてはいくつかある。規制により排出されるガスに含まれている有害物質を桁違いに軽減させなければならなくなっている。そこで、エンジン燃焼に関わる細やかな制御を実施するために、非常に多くのセンサーやコンピュータを搭載している。物理的に燃焼後の成分を変化させる触媒も排ガス規制に合わせて年々高額な物にバージョンアップしている。この対応だけでも車両価格に10万円以上の上乗せがあっても致し方ないレベルだ。

次に衝突安全への対応です。軽自動車は衝突事故で簡単につぶれる……という時代も確かにあったが、今はそんなことは許されない時代へと変遷した。普通車に比べるとボディーが小さい軽自動車は、クラッシャブルゾーンという衝撃吸収領域がどうしても小さくなる。その分、骨格に用いられる鉄板に超高張力鋼と呼ばれる材料を多用するなどして衝突安全性は飛躍的に向上している。等々…。軽自動車には様々な技術が満載している。小さな高級車と言ったところだろうか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年02月06日 09:40 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)
電動バイクだろう
都市内交通手段というカテゴリーでみたら、
日本の軽自動車に相当するのは、中国の電動バイクだろう、
北京や上海は、昔は自転車、今は電動バイク、
あの電動バイク集団を 4輪に代えるのはかなり無理がある。
[ 2019/02/06 11:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp