韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「グローバル化は日本が牽引する」…安倍首相が世界経済フォーラムで宣言

「グローバル化は日本が牽引する」…安倍首相が世界経済フォーラムで宣言

1月24日夜、スーツの上に法被を羽織った安倍晋三首相が世界の政界・財界人の前で「乾杯」を叫んだ。舞台には三菱、住友三井、丸紅、トヨタ、リクルートなど50以上の日本企業の代表が一緒に立った。2019年世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)のパーティーのうち日本が主管した「ジャパン・ナイト(Japan Night)だ。

世界経済フォーラムは毎年年初に各国の財界人、学者、政治家など世界経済リーダーが集まり、世界的な経済問題を討論する場だ。昼にはセミナーが、夜には各国・各企業が主催するパーティーが開かれる。

安倍首相が24日晩に行った特別演説には、フォーラムに出席した国家元首の演説では最も多くの人が集まった。同じ場所で行われたドイツのメルケル首相の演説より2倍ほど多かった。

観客だけが多かったのではない。メルケル首相がドイツ語で演説したのに対し、安倍首相はすべて英語で演説した。原稿を読むレベルではなかった。まさに「演説」だった。ビジョンと修辞、データを調和させた構成だった。

スポンサードリンク
さらに驚いたのは内容だ。演説はグローバリズムマニフェスト(グローバル化宣言)そのものだった。「日本がグローバル化のリーダーになる」という宣言だ。安倍首相は日本がグローバル化をどのように追求しているか、また、今後どのようにグローバル化を率いるリーダーになるか、多角的に伝えた。これに込められたメッセージは次の通りだ。米国と中国が自国主義を強化する中、英国が欧州を脱退しようとする中、フランスが汎グローバル化の抵抗に直面した中、欧州の最後のグローバル化主義者メルケル首相が退場する中、日本がグローバル化を引っ張っていく--。

経済的に内需市場を志向し、文化的に閉鎖的な社会の日本がこのような積極的なグローバル化メッセージを投じたことが意外だった。世界経済フォーラムの創立者クラウス・シュワブ教授は安倍首相の隣に座り、心強い友軍を得たように満足そうな表情を見せた。https://japanese.joins.com/

スイス・ダボスで開かれている世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)に参加した投資家やバンカ-、元政策当局者は世界経済について、成長が鈍化しているが、リセッション(景気後退)入りするほどではないとみている。米中両国の経済が悪化して政策当局者が制御できなくなったり、米中貿易戦争が再開するのではないかとの懸念が強まる中、S&P500種株価指数が22日に1.4%下落するなど、金融市場の動揺が数カ月間続いている。さらに、英国の欧州連合(EU)離脱問題や、米政府機関閉鎖などが投資家の不安を増幅させているとブルームバーグは報じている。

世界経済はリセッション入りするほど悪くないとするダボス会議参加者の楽観的見方は、21日に発表された国際通貨基金(IMF)の世界経済見通し(WEO)でも見られた。今年の世界成長率予想は3.5%と、2016年以来の低い伸びとする一方で、米中両国の19年の成長率見通しは据え置き、20年の世界経済成長率は若干加速すると予測した。そんな中での安倍首相が24日晩に行った特別演説には、フォーラムに出席した国家元首の演説では最も多くの人が集まったというのは、日本への期待も大きい表れと言える。外交力のある安倍首相にとっての広報活動の一環でもあるが、世界に発進するほどに、日本企業は活性化するのは事実。国内で揺れ動く政治とは別に、国外に強い安倍総理の手腕の見せ所ともいえる…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年02月08日 09:35 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp