韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代・起亜車、グローバル販売5位守る

現代・起亜車、グローバル販売5位守る

現代(ヒュンダイ)・起亜(キア)自動車が昨年740万台を販売し、グローバル完成車市場で販売ランキング5位を守った。1083万台を販売したフォルクスワーゲングループは5年連続で1位を占めた。

7日、自動車業界によると現代・起亜車は昨年フォルクスワーゲングループとルノー・日産・三菱アライアンス、トヨタ、ゼネラルモーターズ(GM)に続き、世界完成車の販売ランキング5位を記録した。フォルクスワーゲングループは前年(1074万台)に比べて0.9%増加した1083万台を販売し、歴代最多販売実績を更新した。ルノー・日産・三菱アライアンスは1076万台を販売してフォルクスワーゲングループを追い詰めた。中大型商用車を販売しない同アライアンスは乗用車と軽商用車販売の実績だけ見れば、フォルクスワーゲングループ(1060万台)より優位にある。

トヨタは前年比2.0%増加した1059万台を販売し、3位を記録した。同社はことしの販売目標を1076万台に設定した。GMは昨年838万台を販売した。前年と比べて120万台ほど少ない。販売量は減ったが、売り上げと営業利益はかえって増えた。組織のスリム化で費用を節減し、付加価値の高い車両の販売に集中した結果という分析だ。

スポンサードリンク
現代・起亜車は前年より2.0%増えた740万台を売ったが、昨年年始に立てた販売目標(755万台)には大きく及ばなかった。世界最大の自動車市場である米国と中国での販売不振が苦境をもたらした。フォードは598万台を販売し、現代・起亜車の後に続いた。
https://japanese.joins.com/

現代自は目標販売台数を大きく落としたというが、安い価格にしても売れなかったわけで、利益は大きく減少しているはず。この部分を強く掲載してほしいものである。都合が悪い部分は掲載しないのでは困る。米国のディラーでは閑古鳥が鳴き、安くしても売れない状況だと嘆いていたが…。自動車産業は各社エコ化が加速し、技術競争が加速する一方で、米中貿易のみならず、中国の自動車市場伸び悩みと米国のトランプ関税爆弾が控える。韓国企業は米国の販売台数は130万台に届いていないわけで、これが半減すれば打撃はもっと大きくなる。挙句に中国の販売は伸びていない。

さらに自動車在庫は増加し、ヨーロッパへ販売するとしたが、在庫ははけるどころか維持または増加しているのではないか…。一度自動車在庫を数か月分抱えると、その維持管理費のみならず、売れないまま新古車となるケースもあり、状況は深刻化する。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年02月08日 12:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp