韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ヤマハが狙う次の“稼ぎ頭”、インドの楽器・音響市場の成長性

ヤマハが狙う次の“稼ぎ頭”、インドの楽器・音響市場の成長性

ヤマハは、同社初のインド生産拠点となる新工場(タミル・ナドゥ州)を稼働した。電子楽器やギターを生産し、4月から本格出荷を始める。今後は、同国で盛んな映画産業向けに、業務用音響機器の生産も計画。中田卓也ヤマハ社長は「インドは人口が多く、ヤマハにとっては『次の中国』」と、稼ぎ頭に成長した中国事業に続く有望市場の開拓に挑む。

インドの代表的な弦楽器であるシタールのほか、タンプーラや打楽器のタブラなど、独特な雰囲気を持つ民族楽器の音色が響く―。ヤマハは、インドの民族楽器の音色を搭載したインド専用のポータブルキーボードを、2007年から現地で販売している。3代目となる次期モデルは、春から新工場で生産する計画だ。 新工場は同社初の製販一体工場とした。中田社長は「これまでは現地のニーズをいったん日本に持ち帰っていたが、今後はいち早く期待に応えられる」と自信をみせる。将来は中近東やアフリカへの輸出も視野に入れる。

同じ“10億人市場”でも、中国とインドでは音楽文化が異なるという。世界最大のピアノ市場に成長した中国では、西洋文化への憧れが強く、音楽教育は豊かさの象徴とされる。特に品質に優れる日本製ピアノの人気は高く、ヤマハの中国事業の売上高は20年間で8倍に伸びた。

スポンサードリンク
一方、インドでは今も民族音楽の人気が根強い。このため、ヤマハはまず現地ユーザーが民族楽器の音色を楽しめるポータブルキーボードを現地生産し、ブランドを浸透させる。さらに学校への器楽教育導入を推進するなど、地道に西洋楽器の需要創造に取り組む。
http://news.livedoor.com/

ヤマハは2017年、新興国の中間所得者層を中心とした楽器・音響機器への需要対応とシェア向上を目的に、インドネシアとインドに工場を新設すると発表している。インドネシアに製造子会社「ヤマハ・ミュージカル・プロダクツ・アジア」を設立し、工場を新設した。この工場では電子楽器・ピアノ部品を生産するほか、インドネシア内にある5つの既存工場とあわせて生産品目の適正化を行い、楽器・音響機器全体での収益力強化と生産能力増強を図る。またインドでは、連結子会社「ヤマハ・ミュージック・インディア」に増資し工場を新設した。これにより製販一体のオペレーションを実現し、顧客ニーズを取り入れた商品の生産・販売を目指す。 今後の需要拡大が期待される新興国市場に対する楽器・音響機器の重要な供給拠点の役割も担う。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年02月10日 09:11 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp