韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国造船業の生産能力、10年前の水準に

韓国造船業の生産能力、10年前の水準に

数年間にわたり続く設備、労働力のリストラを受け、韓国の造船業による生産能力が10年前の水準にまで低下した。過剰設備が減る中、船舶受注が徐々に回復し、稼働率は3年ぶりにやや改善した。

韓国統計庁によると、昨年の韓国の船舶・ボート建造業の生産能力指数(基準値2005年=100)は69.2で、昨年(83.4)に比べ17%低下した。統計を取り始めた1981年以降で最大の低下幅だ。同指数は労働力、設備、操業時間などが正常に生産へと投入される状況で達成される最大生産量の指標だ。

船舶・ボート建造業の生産能力指数は、世界的な造船業不況によるリストラが本格化した2015年以降、4年連続で低下し、2007年(71.4)の水準にまで数値を下げた。また、船舶・ボート建造業の生産指数も昨年は56.4となり、2000年(51.9)以降で最低を記録した。

スポンサードリンク
ただ、生産能力と比較した生産状況を示す稼働率指数は昨年が71.5となり、前年(70.7)よりも小幅ながら改善した。リストラが大詰めを迎え、液化天然ガス(LNG)タンカーを中心に受注が徐々に増えた結果だ。韓国造船業復活のシグナルと言える。韓国の造船業界は昨年、LNGタンカーの受注を独占し、国別で中国を抜き、受注世界首位の座を奪還した。業界関係者は「過剰設備の調整が終わり、稼働率が改善している」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/

勘違いしては困る。ウォン安を背景に進んだ造船業である。しかも為替依存度が一番高く1ドル 1125ウォンが損益分岐点となる。現時点がちょうど1ドル 1125ウォンである。本来なあらば喜ばしいのだが、ウォンが売られた状況下で、次第にウォン安傾向が加速している。経済低迷の中でのこの状況は、確実に通貨危機に近づいているともいえる。特にウォン量が市場で増加することは危険極まりない状況と言える。

造船業に話を戻すと、政府が税金で補てんしてきた結果であり、船舶価格は下落し、赤字受注を実施している。韓国は世界におけるシェアが高いだけに問題は大きい。企業に政府が介入することは、赤字受注となりやすくするうわけで、特に韓国は失業率の低下を抑え、赤字でも受注し仕事を増やせという事であるから、余計に厄介となる。これに日本造船業は改革中だけに反発しているわけで、決して良い方向性での受注ではない。

世界の船舶価格を低下させた事での、世界造船産業からの反発を受けることになる。世界の海運価格が上昇し回復してきた所で、韓国により造船価格が低下しているのでは世界造船業の回復は遠くなるばかりだ。これが加速するほどに、のちに大きなツケとなる。挙句に韓国が通貨危機を勃発させれば、世界造船業は厄介な状態となりかねない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年02月11日 09:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp