韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  収監中の朴槿恵前大統領、旧正月をどう過ごし何を食べたのか

収監中の朴槿恵前大統領、旧正月をどう過ごし何を食べたのか

2019年2月11日、中国メディアの海外網は、現在ソウル拘置所に収監されている韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領が旧正月をどのように過ごしたのかについて報じた。 記事は「朴氏は先ごろ、拘置所で2回目の旧正月を迎えた。だがこのめでたい祝日を楽しく過ごしたというわけではないようだ」とした。 記事はその理由について、「一つは、韓国最高裁が旧暦1月3日にあたる7日、朴被告の勾留期間を再び延長すると発表したこと。もう一つは、韓国人が年越しに必ず行う祭祀活動に、拘置所は朴氏を参加させなかったことだ」とした。

記事は「韓国メディアのイーデイリーがソウル拘置所から提供されたメニューとして伝えたところによると、朴氏の旧正月元日朝の食事には、お雑煮、タマネギとキュウリの和え物、ジャガイモ、白菜キムチに加えて、特別メニューとして蒸しギョーザと牛乳が提供された。各地の拘置所では収監者のために合同の祭祀活動が開かれる。だがソウル拘置所は、朴氏と梁承泰(ヤン・スンテ)前最高裁長官の参加を禁止している。両氏が接触することを防ぐためだ。朴氏が面会を拒否しているため、弟の朴志晩(パク・チマン)氏と妹の朴槿令(パク・クルリョン)氏も旧正月期間に拘置所に面会に行っていない。

スポンサードリンク
韓国日報によると、朴氏は拘置所の規定により弁護人との接見もできず、旧正月期間は一人部屋でテレビを見たり読書をしたりするなどして時間をつぶした」などと伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/

獄中にいる朴槿恵がついに検察から起訴された。複数企業からの計592億ウォン(およそ56億円)の収賄罪を含める、18件もの容疑がかけられている。朴槿恵は「自分は一銭も受け取っていない」とし、無実を主張し続けている。実際、これらの金の多くは崔順実の懐に入ったとされている。韓国の大統領が不正問題を起こすのは珍しくないが、朴槿恵スキャンダルが異質なのは、金を受け取ったのが身内ではない他人だったという点にある。崔順実と朴槿恵の縁は、崔の父親である崔太敏の時代に遡る。2人が初めて会ったのは1973年頃とされており、つまり親子2代にわたって約40年も続く関係にあった。

今度は文大統領の順番でもある。家族を海外へ移し、文大統領は何を実施するのか。韓国大統領の末路は不正の山で自滅しているわけで、任期を全うできないと言われる文氏。彼もまた統一妄想が優先し、さらに日韓条約を無視した挙句に反日政策では、それだけで十分罪は重いが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年02月12日 08:55 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp