韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  平昌五輪から1年、ほとんどの施設が活用できず放置状態

平昌五輪から1年、ほとんどの施設が活用できず放置状態

2019年2月8日、韓国・中央日報は、巨額を投じた平昌(ピョンチャン)五輪の施設が、その後ほとんど活用できず放置されている実態を報じた。

記事によると、ボブスレー・スケルトン競技が実施されたアルペンシア・スライディングセンターでは平昌五輪閉幕から1年が経った現在、総事業費1141億ウォン(約111億2300万円)をかけた長さ2018メートルのトラックが「コンクリートむき出しの状態」だという。小平奈緒と李相花(イ・サンファ)の激しい競争が繰り広げられたスピードスケート競技場も同様で、使用されない原因として記事は「氷を張るのに5000万ウォン以上かかること」を挙げている。五輪以降一度も公式イベントが行われておらず、冷凍倉庫やテニスコート、アイスダービー場、ドロンスポーツ競技場などさまざまな事後活用案が提示されるも、結論が出ていない状況だという。

最多となる2034億ウォンもの建設費を投じた旌善(チョンソン)アルペン競技場も、「競技場施設存置」と「自然林原状復旧」をめぐり1年近く当事者らがもめている。「韓国文化体育部が五輪施設事後活用案を提出せず、江原道(カンウォンド)も責任を政府に押し付けたまま1年が過ぎた」と記事は伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
誘致時は予算8880億円の”スマート五輪を謳ったが、結局は1兆3000億円規模まで膨れ上がった。大会直前から大きな盛り上がりを見せた。韓国国内では「インフラの水準、運営などで史上最高の大会だった」「南北関係改善に貢献した」と評価されている。2018年3月2日に韓国国内の世論調査会社「ギャロップ」が発表した結果によると、「成功」の返答が84%に達した。02年W杯の98%には及ばないが、非常に高い評価だったと言える。

2010年台後半の五輪開催たるもの、五輪前と何も変わらない。観光客が増えたわけじゃない。荒れ果てた土地だけが残ったイメージだ。そういうものなのか。大会期間中の「一時の楽しい思い出」が出来ることだけでもよしとすべきなのか。変化なしとは、失敗ではないのか。平昌は大会開催費用が1兆3000億円規模と言われる。五輪後もアジアの大会が行われ、雰囲気が維持されているのは唯一カーリング会場だけだった。

さらに、平昌も現在と未来を繋ぐ文化遺産を建てることに意義があるとしていた。しかし実際に1年後の今も記念博物館はオープンしていない。日本は東京オリンピックに3兆円かかるが、その後の使い道は大丈夫なのだろうか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2019年02月12日 12:27 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp