韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ブラジル、サムスン電子を提訴…劣悪な労働環境が理由!

ブラジル、サムスン電子を提訴…劣悪な労働環境が理由!

2013-07-23-k016.jpg

韓国のサムスン電子は14日、ブラジルの工場で労働者の権利を侵害しているとして現地政府に提訴されたと明らかにした。

訴状の詳細な内容は明らかにしなかったが、サムスンは状況を精査し当局に協力していくと述べた。ブラジルにある工場の規模は同社最大級で、米国に製品を出荷するにあたり低コストで便利な拠点となっている。

AFP通信は14日早く、ブラジルの労働省がサムスンの工場の劣悪な労働環境を理由に同社を提訴し、1億ドル以上の損害賠償金を要求していると報じた。記事によると、監査はマナウスにあるサムスンの工場で実施された。この工場は中南米全土に供給しており、従業員数は6000人。

サムスンはブラジルに2つの工場を持ち、スマートフォンや家電製品を製造している。

声明では「当社は全世界の従業員の健康、安全性、福祉について最高の業界基準を保証する労働環境を提供するため細心の注意を払っている」と述べたが、それ以上の詳細には触れなかった。


http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324593704579013771550509250.html


サムスン、工場の劣悪な労働環境を理由にブラジル当局に提訴される

ブラジルの検察当局が、同国の労働者の権利を侵害したとしてサムスンを提訴した。サムスンの工場で労働者を数十日間連続で長時間勤務させたとの理由だ。

労働問題を扱うブラジルの通信社Reporter Brasilの記事によると、今回の提訴は、ブラジルの労働雇用省が同国マナウスフリーゾーンにあるサムスンの工場を2度監査した結果、劣悪な労働条件が明らかになったことを受けての措置だという。この工場では、サムスンの一部スマートフォンを組み立てている。

9to5GoogleによるReporter Brasil記事の一部英訳によると、この工場の労働者は、休憩なしで毎日10~15時間以上の立ち仕事を行っており、中には最長27日間連続で勤務した従業員もいるという。

さらに、労働雇用省の調査によると、労働者は安全とされるペースを上回る速度で部品を組み立てており、1分あたりに行う動作回数は、安全上定められた上限の最大3倍に達していた。マナウス工場は約5600人の労働者を雇用しているが、2012年には2018人が腰痛、腱炎、滑液包炎など健康上の問題を理由に離職を申請しているという。

「サムスンは労働者の健康を適切に管理しておらず、問題を解決しようともしていない」と、労働雇用省のRomulo Lins調査官はReporter Brasilの記事で述べている。

米CNETがこの件について取材したところ、サムスンの広報担当者は次のように回答した。「訴状を受け取り次第、徹底的な見直しを実施し、ブラジル当局に全面的に協力するつもりだ。当社は全世界の労働者に対し、業界最高水準の健康、安全、福利厚生を保証する労働環境を提供することに細心の注意を払っている」

当局は今回の訴訟で、工場の労働者に対する約1億1000万ドルの賠償金を求めている。

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130815-35035987-cnetj-nb


韓国の劣悪な労働環境

韓国ソウル(Seoul)中心部のビジネス街。ここでは午後8時を過ぎても、ほとんどのオフィスビルで煌々(こうこう)と明かりがついたままだ。

多くの先進国では勤務時間は午前9時から午後5時までというのが常識だが、韓国の会社員たちにとっては夢の話だ。韓国企業では10時間労働が当たり前で、それからさらに残業までしている。

「少なくとも週4日は残業している」と会社員の李さん(30歳)はいう。しかも、多くの企業で残業代は支払われないという。それでも、多くの人びとは定時が過ぎてから少なくても30分から1時間、時にはそれ以上、残業している。

ひたむきに働いて戦後の極貧状態から脱し、経済的繁栄を達成した韓国では、遅くまで働くことに倫理的使命を感じる人びともいる。一方、上司よりも先に帰れば、昇進機会を逃すのではと恐れて定時後まで残る人も少なくない。

■成長の余地と精神性が育んだ過労文化

いかなる理由であれ、経済協力開発機構(OECD)の加盟国30か国の中で、韓国人が最も長時間働いていることは事実だ。2009年のOECD統計によると、韓国人の平均就業時間は年2243時間、週46.6時間で、日本人よりも年500時間、ドイツ人よりも同900時間長く働いている計算になる。

しかしながら、国内総生産と労働時間を比較したOECDの生産性統計をみると、韓国は30か国中、最下位から3番目となっている。

韓国の労働省は、労働時間を短縮すれば生活スタイルと生産性の双方が向上する可能性があると奨励しているが、長年染み付いた習慣を変えるには時間がかかる。

「韓国経済にはまだ成長の余地がある。そして韓国人には挑戦の精神と、なるべく早く仕事を仕上げようという民族性が備わっている。この二つの要素が組み合わさって、韓国特有の働き過ぎ文化が形成された」と、梨花女子大学(Ewha Womans University)の梁潤(ヤン・ユン、Yang Yoon)教授はAFPに語った。

■残業が普通な高度成長期世代の上役

そして韓国では通常、従業員が長時間労働に苦情を言うことはない。

電器メーカーに勤務する申さん(29歳)は、「遅くまで働くのは理解できる」と話す。自分も残業してその日の仕事をその日のうちに終わらせている。社内の序列や、残業は美徳だと尊ぶ意識が、より下の社員を夜遅くまでデスクに向かわせているのだという。「日本の高度成長期のように、韓国経済の成長期を経験した年配世代にとっては、残業が普通のこととなっているからだ」と梁教授は指摘する。

会社員の金さん(29歳)も「時計が退社時刻を指していても、上司が残っているのに帰るのは難しい」と同意する。金さんには以前、退社時間の直前になると、決まって大量に仕事を言いつける上司がいた。この上司に金さんが退社許可を求めると「何で、そんなに早く帰るんだ?」と言い返されたという。

■ようやく導入された週40時間労働制

韓国の労働省は2004年、労働時間を週40時間に制限する政策を、まずは従業員1000人を超える大企業に導入すると発表した。徐々に対象を中小企業に拡大し、前年12月には2011年7月より20人未満の企業も対象に含めると発表した。これによって最終的には30万社、従業員200万人が週40時間労働の対象となる。

労働省のチョ・ウォンシク(Jo Won-Shik)氏は、AFPの電話取材に対し「韓国の労働時間はOECD加盟国の中では最長だが、この政策が導入されば、生活の質や仕事の効率向上が期待できる。通常、生産性と労働時間は反比例するので、労働時間の短縮は高い生産性につながるはず。さらに、余暇時間が増えることで生活の質も向上するだろう」と語った。

それだけではない。労働時間が短くなれば、韓国が直面している慢性的な低出生率が改善される可能性もある。

保健福祉家族省は前年1月、月に1回、午後7時半に全館消灯する日を設けた。出生率を上げるために職員を早く帰宅させて、子づくりに励んでもらおうという趣旨だ。

梁教授は、仕事中毒文化もそのうち消滅すると楽観的だ。「韓国経済が頂点に達する頃、会社の重要ポジションにいるのは今の若い世代たちだ。そうすれば、残業文化はいずれなくなるだろう」

だが、会社員たちは、その時をおとなしく待っているわけにはいかない。

申さんは、会社の残業状況は大分改善されたと言う。しかし、さらに無意味なサービス産業を減らすためには、政府の積極的な介入が必要だと考えている。

商社に勤める全さん(仮名、25歳)も、残業には否定的だ。だが、あふれるほどの仕事を抱えており「いつまでたっても仕事が終わらない」と嘆く。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2785509/6813618


関連記事

ブログパーツ
[ 2013年08月15日 14:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp