韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本対韓国ODAの円借款の件!

日本対韓国ODAの円借款の件!

2013-08-14-k004.jpg

日本は韓国にODAとして莫大な金額を払っているが、協定により韓国は日本に返却をしているので参考に掲載する。

1965年当時、1ドル=360円の固定相場であったため、2億ドルは720億円として協定に記載されていますが、その後変動相場になったため、現在の日本側の記録では1965年における円借款額は677.28億円となっています。

しかし、その677.28億円についてもあくまで交換公文上の金額であって、実際に貸し付けた金額ではありません。

実際に契約に至ったのは以下の通り、5962.45億円です。

スポンサードリンク
対韓国ODA円借款額の推移(億円)

年 交換公文 交換公文累計 契約 契約額累計

1965 677.28*7 677.28 - -
1966 - 677.28 198.56 198.56
1967 - 677.28 66.35 264.91
1968 - 677.28 67.01 331.92
1969 - 677.28 71.46 403.38
1970 72 749.28 5.17 408.55
1971 380.40 1129.68 28.80 437.35
1972 216 1345.68 467.76 905.11
1973 216 1561.68 66.62 971.73
1974 313.20 1874.88 518.08 1489.81
1975 234.20 2109.08 126.45 1616.26
1976 235 2344.08 109.00 1725.26
1977 240 2584.08 366.00 2091.26
1978 210 2794.08 210.00 2301.26
1979 190 2984.08 190.00 2491.26
1980 190 3174.08 190.00 2681.26
1981 - 3174.08 - 2681.26
1982 - 3174.08 - 2681.26
1983 451 3625.08 451.00 3132.26
1984 495 4120.08 495.00 3627.26
1985 544 4664.08 544.00 4171.26
1986 446.33 5110.41 - 4171.26
1987 - 5110.41 446.33 4617.59
1988 272.62 5383.03 272.62 4890.21
1989 76.34 5459.37 76.34 4966.55
1990 995.90 6455.27*8 995.90 5962.45

これらの契約はいずれも償還期間15~25年、金利3.25~5.75%の条件で設定されています。

ODAの円借款は1990年が最後でこれ以降は実施されていません。

日本のODA関連資料では貸付累計が実績として表示されることが多く、回収額についてはあまり詳細に公開されていないようです。それでも1999年から2007年までのODA円借款回収額については追うことが出来ます。

回収状況・円借款残高(億円)の推移


年 円借款件数 円借款残高

1999 43 1612*10
2000 40 1355*11
2001 39 1195*12
2002 35 599*13
2003 31 482*14
2004 25 370*15
2005 19 275*16
2006 18 226*17
2007 17 175*18

上記はJBICの資料ですが、外務省のODA白書でもドル表記での回収実績が記載されています。2011年のODA白書*20では国別実績から韓国の記述が消えており、ODAでの円借款の回収が終了したように思われます。

http://d.hatena.ne.jp/scopedog/20120513/1336924865より

2007年で175億円の残りと言う事…。


日韓請求権並びに経済協力協定(財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定)

日本国及び大韓民国は、

 両国及びその国民の財産並びに両国及びその国民の間の請求権に関する問題を解決することを希望し、

 両国間の経済協力を増進することを希望して、

 次のとおり協定した。

第一条

1 日本国は、大韓民国に対し、

(a)現在において千八十億円(一◯八、◯◯◯、◯◯◯、◯◯◯円)に換算される三億合衆国ドル(三◯◯、◯◯◯、◯◯◯ドル)に等しい円の価値を有する日本国の生産物及び日本人の役務を、この協定の効力発生の日から十年の期間にわたつて無償で供与するものとする。各年における生産物及び役務の供与は、現在において百八億円(一◯、八◯◯、◯◯◯、◯◯◯円)に換算される三千万合衆国ドル(三◯、◯◯◯、◯◯◯ドル)に等しい円の額を限度とし、各年における供与がこの額に達しなかつたときは、その残額は、次年以降の供与額に加算されるものとする。ただし、各年の供与の限度額は、両締約国政府の合意により増額されることができる。

(b)現在において七百二十億円(七二、◯◯◯、◯◯◯、◯◯◯円)に換算される二億合衆国ドル(二◯◯、◯◯◯、◯◯◯ドル)に等しい円の額に達するまでの長期低利の貸付けで、大韓民国政府が要請し、かつ、3の規定に基づいて締結される取極に従つて決定される事業の実施に必要な日本国の生産物及び日本人の役務の大韓民国による調達に充てられるものをこの協定の効力発生の日から十年の期間にわたつて行なうものとする。この貸付けは、日本国の海外経済協力基金により行なわれるものとし、日本国政府は、同基金がこの貸付けを各年において均等に行ないうるために必要とする資金を確保することができるように、必要な措置を執るものとする。

前記の供与及び貸付けは、大韓民国の経済の発展に役立つものでなければならない。

2 両締約国政府は、この条の規定の実施に関する事項について勧告を行なう権限を有する両政府間の協議機関として、両政府の代表者で構成される合同委員会を設置する。

3 両締約国政府は、この条の規定の実施のため、必要な取極を締結するものとする。

第二条

1 両締約国は、両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条(a)に規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。

2 この条の規定は、次のもの(この協定の署名の日までにそれぞれの締約国が執つた特別の措置の対象となつたものを除く。)に影響を及ぼすものではない。

(a)一方の締約国の国民で千九百四十七年八月十五日からこの協定の署名の日までの間に他方の締約国に居住したことがあるものの財産、権利及び利益

(b)一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益であつて千九百四十五年八月十五日以後における通常の接触の過程において取得され又は他方の締約国の管轄の下にはいつたもの

3 2の規定に従うことを条件として、一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益であつてこの協定の署名の日に他方の締約国の管轄の下にあるものに対する措置並びに一方の締約国及びその国民の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であつて同日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする。

第三条

1 この協定の解釈及び実施に関する両締約国の紛争は、まず、外交上の経路を通じて解決するものとする。

2 1の規定により解決することができなかつた紛争は、いずれか一方の締約国の政府が他方の締約国の政府から紛争の仲裁を要請する公文を受領した日から三十日の期間内に各締約国政府が任命する各一人の仲裁委員と、こうして選定された二人の仲裁委員が当該期間の後の三十日の期間内に合意する第三の仲裁委員又は当該期間内にその二人の仲裁委員が合意する第三国の政府が指名する第三の仲裁委員との三人の仲裁委員からなる仲裁委員会に決定のため付託するものとする。ただし、第三の仲裁委員は、両締約国のうちいずれかの国民であつてはならない。

3 いずれか一方の締約国の政府が当該期間内に仲裁委員を任命しなかつたとき、又は第三の仲裁委員若しくは第三国について当該期間内に合意されなかつたときは、仲裁委員会は、両締約国政府のそれぞれが三十日の期間内に選定する国の政府が指名する各一人の仲裁委員とそれらの政府が協議により決定する第三国の政府が指名する第三の仲裁委員をもつて構成されるものとする。

4 両締約国政府は、この条の規定に基づく仲裁委員会の決定に服するものとする。

第四条

この協定は、批准されなければならない。批准書は、できる限りすみやかにソウルで交換されるものとする。この協定は、批准書の交換の日に効力を生ずる。

以上の証拠として、下名は、各自の政府からこのために正当な委任を受け、この協定に署名した。

千九百六十五年六月二十二日に東京で、ひとしく正文である日本語及び韓国語により本書二通を作成した。

http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPKR/19650622.T9J.htmlより

結局莫大な日本からのODAは韓国は返済しているという事のようです。


関連記事

ブログパーツ
[ 2013年08月16日 09:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
外務省ODA実績検索
外務省ODA実績検索
http://www3.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/jisseki/kuni/index.php
から地域:東アジア、国:韓国*を選択し、表示項目:全部チェックで検索実行すると一覧表を得られます
「政府開発援助計(支出純額)」が2013年時点における貸付残高に当たるのではないでしょうか?
詳しい方よろしくお願いします。
[ 2015/11/12 17:24 ] [ 編集 ]
返済が終了してるのかしてないのかよく分かりませんが、終了してるのなら、韓国がいつ潰れても日本にとって何の問題も無いということですね。
[ 2018/07/03 16:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp