韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の自動車輸出、下半期に停滞の可能性!

韓国の自動車輸出、下半期に停滞の可能性!

2013-07-25-k007.jpg

今年の世界自動車市場の成長率は、下半期の需要委縮で4年ぶりに最低水準になるという見方が出ている。

現代自動車グループ傘下の韓国自動車産業研究所は15日、報告書「2013年7-9月期経営環境展望」を出し、「下半期の世界自動車市場の販売台数は3943万台と、前年同期比2.6%増にとどまる」とし「このため今年の年間成長率が3.1%にとどまり、金融危機当時だった09年以来4年ぶりの最低水準になるだろう」と予想した。

世界自動車市場の成長率は09年、金融危機の影響で-3.8%となった後、翌年は13.4%と大きく回復、2011年は4.8%、昨年は5.5%と成長の勢いを継続してきた。今年上半期は前年同期比3.5%増の4077万台が売れた。

研究所の今年の販売台数の予想値は8020万台。研究所は、世界最大自動車市場であり韓国自動車業界の主要輸出市場である中国と米国の市場で、今年下半期の販売台数が上半期に比べて減少すると予想した。上半期の販売台数が838万台だった中国市場は、経済成長が鈍化し、下半期は823万台に減少すると予想された。米国市場も量的緩和政策の縮小による流動性減少を受け、上半期783万台だった自動車販売台数が下半期は774万台に減る見込みだ。欧州市場も景気低迷がさらに深まり、自動車販売台数が上半期の715万台から下半期は638万台に減少すると予想された。

スポンサードリンク
研究所は韓国市場でも今年の販売台数が153万8000台にとどまり、前年比0.4%減少するとみている。韓国市場は昨年(-2.4%)に続いて2年連続で市場が縮小する危機を迎えている。

研究所の関係者は「現代・起亜車など国内企業は全般的な国内市場規模縮小と輸入車シェア拡大による市場蚕食、労組のストライキ予告など悪材料が山積した状況」とし「海外市場まで委縮すれば、国内企業はしばらく厳しい時期を送る可能性がある」と診断した。

http://japanese.joins.com/article/073/175073.html?servcode=300§code=320


自動車産業

フォード、GM、クライスラーの「ビッグスリー」のビッグスリーが生産量を削減しデトロイトなどで失業者が生まれる一方で、トヨタ自動車などが工場進出した地域では、新たな雇用が生まれている。「米国には2つの自動車産業がある。1つは成長し、もう1つは縮小する産業だ」(エコノミスト トーマス・クライアー)[6]より引用と評す向きもある。また、2020年までに平均燃費を35mpgにすることが法律で決まったため、燃費向上のための技術開発費が、各社に重くのしかかっている。自動車業界による法案阻止のロビー活動が失敗し、自動車業界の影響力低下が確認された事例でもある。

2011年時点で日本の自動車関連企業数は、完成車メーカーが14社、ユニット・機能部品・内外装品などを納める一次部品企業が約800社、単一部品・プレス・金型鋳鍛造品を一次部品企業に供給している二次部品企業が約4,000社、金属部品・樹脂部品を二次部品企業に供給している三次部品企業が約20,000社あり、合計すると25,000社から構成されている。自動車関連の従業員数は、関連部門を含めた人数で約532万人におよび、日本の全就業人口の8.7%、製造業人口の49.6%を占める巨大産業となっている。

ヒュンダイ、キアグループは現在ではトヨタに次いでアジアで2番目に大きい。1988年に年間国内生産台数が100万台を超えた。1990年に複数の自社開発車種を生産し能力を実証するだけでなく、10年以上にわたり社会資本に大規模な投資を行った。彼等の自動車の品質は近年、大幅に向上し国際市場での評価を得る事が出来た。


関連記事

ブログパーツ
[ 2013年08月16日 14:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp