韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「内乱陰謀」容疑の韓国野党議員の逮捕同意書、国会提出へ!

「内乱陰謀」容疑の韓国野党議員の逮捕同意書、国会提出へ!

2013-08-30-k022.jpg

前日、行方をくらましていた李石基(イ・ソッキ)統合進歩党議員が29日午前、党最高委員会議に姿を現した。会議終了後に党院内代表室から出てきた李議員が、記者たちの前で声を高めて内乱陰謀容疑を否認していた。国家情報院は前日、党役員らの激しい抵抗でできなかった李議員の執務室の家宅捜索をこの日午後に実施した。

検察が統合進歩党の李石基(イ・ソッキ、51、比例代表)議員らの“内乱陰謀”事件に関連して30日、李議員に対する内乱陰謀および国家保安法第7条違反(称賛・鼓舞)などの容疑で事前拘束令状を請求した。これに先立ち事件を捜査中の国家情報院が29日、李議員に対する事前拘束令状を検察に申請していた。検察の令状請求によって裁判所はまもなく法務部を通じて国会に逮捕同意書を出す。検察はまた29日に逮捕されたホン・スンソク京畿道党副委員長ら3人についても事後拘束令状を請求した。

公安当局によれば李議員らの令状にある容疑の趣旨は▼2004年からRO(Revolutionary Organization)という地下革命組織を構成し、有事の際に国家基幹施設を破壊して社会を混乱させることを謀議し、▼国内政界に組織的に進出して革命の基盤を整え決定的な時期が来たら政権を奪取しようとしたというものだ。

国家情報院は、李議員やホン副委員長ら核心組織員10人の金融口座の追跡に乗り出した。彼らが北朝鮮と直接関連していた可能性が高いとみて、北朝鮮側の人々と工作金の名目で資金をやり取りしていたかなどを明らかにするためだ。公安当局によれば国家情報院は統進党内の従北地下組織のROが長期間にわたり全国的な再建活動をしてきた事実を把握した。ここに入ってきた活動資金の出どころと使い道が疑わしいとみて確認中だ。


国家情報院が前日、ソウル麻浦(マポ)の李議員のオフィステルの下駄箱から押収した現金1億4000万ウォン(約1239万円)の中には、ドル貨幣やユーロ貨幣、ロシアのルーブルなど外貨が相当額含まれていたことが分かった。これについて李議員側は「賃借保証金の返還用に使うお金」と釈明した。しかし李議員が所有しているソウル汝矣島(ヨイド)のJビルディング6階事務室の賃借保証金は5500万ウォンに過ぎないと捜査関係者は明らかにした。実際に3月に公開された国会議員の財産申告の内訳にも李議員は賃借保証金の債務額を5500万ウォンと申告していた。該当建物は李議員が2009年に競売で購入したもので現在の市価は11億5000万ウォンほどだ。公安当局関係者は「ROが2004年の結成以後10年近く活動してきた点から推測して、相当な資金が流入していた」としながら「李議員が運営していた選挙広報企業のシーエヌコミュニケーションズ(CNC)を通じて資金を調達してもいたが、別途の資金源もあるとの状況をつかんで調査中」と話した。

国家情報院は内乱陰謀の容疑者が中国で北朝鮮側の高位要人と接触していた情報もつかんだ。彼らが北朝鮮の指令を受けて「決定的時期が来たら全国的なゼネストと同時に武装蜂起」「有事の際は派出所や武器保存所を襲撃」などのいわゆる内乱陰謀を試みていたかどうかを調査中だ。国家情報院はRO組織員の一部が2011年9月と昨年3月の2回にわたり中国に出国後、相当期間行方不明だった事実を確認し、彼らが北朝鮮に密入国した可能性についても捜査中だ。

国家情報院は2010年から、裁判所で傍受令状を発行されRO組織員全般にわたって広範囲な盗聴を行い、今回の家宅捜索・逮捕令状請求の時に証拠として提示したと伝えられた。検察関係者は「傍受令状が発行されれば電子メールや通話などを合法的に盗聴できる」として「内密調査の期間が長く、RO組織員の対話などを盗聴した録音記録が数件ある」と説明した。

録音記録などによれば李議員は今年の前半期にRO組織員との非公開の集まりで停戦協定も取り上げ論じたと伝えられた。李議員は「北朝鮮が停戦協定の白紙化を宣言し(3月11日)、戦争状況が到来する可能性がある。招集命令が下ったら風のように集まれ」と話したということだ。

現役の李議員への令状が発給されるためには、国会会期中のため国会の同意が必要だ。検察が裁判所に令状を請求したため裁判所は法務部を通じて国会に逮捕同意の要求書を送る。逮捕同意要求書が国会に受理されれば以後開かれる最初の本会議で報告され、その後24~72時間以内に本会議の表決に移ることになる。本会議で過半数の在籍で過半数が同意する場合に可決される。国家情報院はこの日午後、議員会館内の李議員事務室の家宅捜索を実施した。李議員の身体的捜査も行った。

しかし李議員は統進党最高委員会・議員団連席会議の直後「国家情報院がねつ造したことで想像の中の小説であり、国家情報院の想像力から出たものだ」として容疑を全面否定した。

http://japanese.joins.com/article/608/175608.html?servcode=200§code=200


関連記事

ブログパーツ
[ 2013年08月30日 18:55 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp