韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国
最新記事

中国が「日本製ロボット」を爆買いする理由

中国政府は2015年、中国製造業の高度化に向けたロードマップ「中国製造2025」を発表した。製造業のイノベーション能力を高め、基礎工業力を高めることなどを通じて、自国を2025年までに世界の製造強国としたい考えだ。 中国製品といえば、数年前までは「安かろう、悪かろう」の代名詞だったが、近年はスマートフォンやパソコン、家電分野などを中心に品質が急激に高まっている。だが、その品質向上の背景には日本メー...続きを読む
[ 2017年07月10日 13:41 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

「最高位」格付け取得しても…AIIBが信用されないワケ

アジアインフラ投資銀行(AIIB)が米格付け会社ムーディーズから最上位のAaaの格付けを取得したと報じられた。かつて、本コラムでAIIBの資金調達力、特に資金調達レートの高さに関する疑問を書いた。なぜ、AIIBに資金が集まらないかといえば、中国にはまだ信用力がないからで、その資金調達レートが高いからだ。AIIBの融資には、最大の出資国である中国の信用力が反映されるが、その信用力は日本や米国などと比...続きを読む
[ 2017年07月06日 11:12 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)

中国も失われた20年? 日本が作った誤答ノートが反転のカギ

1989年、日本は熱かった。株価が高騰し不動産価格は暴騰した。東京・銀座の最高級飲食店は明け方まで人があふれた。日経指数は1985年のプラザ合意後の3年間で3倍、不動産は1年に70%ずつ上昇した。東京中心部を循環する山手線の内側の地価は米国全土の地価と同じという話まで出てきた。サラリーマンが東京に家を買うことは考えもできなかった。首都圏の新築マンション価格は日本のサラリーマンの平均年収の18倍に達...続きを読む
[ 2017年07月06日 10:51 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)

習主席とプーチン大統領に北のミサイルは見えないのか

中国の習近平国家主席とロシアのウラジーミル・プーチン大統領が今月3日にモスクワで会談し、韓半島(朝鮮半島)への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に反対すると表明した。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のドナルド・トランプ大統領の首脳会談を通してTHAAD配備が確実な雰囲気が形成されるや、対抗に出た。今週末にドイツで開かれる韓中、韓ロ首脳会談でも、THAAD撤回を迫ってくる可能性が高い。中ロは、米国の影響...続きを読む
[ 2017年07月05日 11:24 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

中国の債務、GDP比304%…「チャイナショック」懸念も

中国の公的債務が国内総生産(GDP)の300%を超えたという見方が出ている。借金に依存して成長してきた中国経済の脆弱性が浮き彫りになっているということだ。 国際金融協会(IIF)は27日、グローバル債務モニター報告書で、5月基準で中国の債務はGDP比304%と推定されると明らかにした。これは中国人民銀行が毎月発表する社会融資総額規模を基準に推算したと、IIFは説明した。 IIFは米国・欧州・日本の...続きを読む
[ 2017年06月30日 10:49 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(3)