韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治

最新記事

トランプ氏の登場で雰囲気が急好転する日本経済

日本政府は昨日公開した12月の月例経済報告で、景気の基調判断を1年9カ月ぶりに上方修正した。緩やかな回復基調が続いているという判断でだ。これに先立ち日本銀行(日銀)も似た評価を出した。日本メディアの「慎重な前進」という表現が意味深く聞こえる。

消費も改善したが、何よりも輸出が大きく増加した。先月の輸出数量指数は前月比4.5%増となった。2年9カ月ぶりの高い水準という。対中輸出も増えたが、何よりも対米輸出が大幅に増加した。特に日本の対米自動車輸出は27%も増えた。もちろん円安のためだ。トランプ氏が米大統領で当選した先月8日は1ドル=104円だったが、昨日は1ドル=118円と、13.5%も円安ドル高が進んだ。黒田日銀総裁が数日前、円安に問題はないと円安を容認し、長期金利目標引き上げ時期を遅らせるのも自然だ。日本政府は来年の実質GDPの増加率を1.5%と見込んでいる。アベノミクスでなくトランプ氏の登場が日本経済の雰囲気を反転させているのだ。

しかしトランプ氏が引き続き円安を容認するかどうかは疑問だ。トランプ氏の「自国優先」政策と1対1交渉戦略が本格化すれば障害になるかもしれない。また円高に戻るという懸念もある。三井住友銀行の米国鉄道投資のようにトランプ氏のインフラ投資に積極的に参加しようとする理由もこうした脈絡だ。日本の米国便乗戦略が目を引く。
http://japanese.joins.com/article/825/223825.html?servcode=100§code=110

[ 2016年12月22日 11:41 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)

プーチン氏また講道館へ 安倍晋三首相提案なら温泉も?

ロシア政権幹部は、プーチン大統領が今月16日、訪日に合わせて柔道の総本山である東京都文京区の講道館を訪れる見通しだと述べた。ただ、柔道の技を披露するため「プーチン氏が畳に上がりたいと思うかどうか、今は答えられない」とも説明した。

プーチン氏は2000年9月に訪日した際も当時の森喜朗首相と共に講道館を訪れ、黒帯の柔道着姿で10歳の少女と組み合って投げられたり、有段者と組んで一本背負いなどの技を披露したりしていた。

一方、山口県長門市の旅館に15日に宿泊する際、安倍晋三首相と一緒に温泉に入るかどうかについては「その晩には何の行事も予定されていない。ホストである安倍首相の提案次第だ」と述べた。

1997年にロシア・東シベリアのクラスノヤルスクで行われた当時の橋本龍太郎首相とエリツィン大統領との首脳会談では、宿舎となる別荘で一緒にサウナぶろに入ることが計画されたが、ロシア側の意向で取りやめとなった。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/161213/wor1612130033-n1.html

[ 2016年12月15日 19:04 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(5)

日本はこれ以上韓国に深入りしないほうが賢明

櫻井よしこ(以下、櫻井):韓国の歴代大統領は退任後、死刑判決や有罪判決を受けたり、自殺に追い込まれたりと、多くが悲惨な末路を迎えました。もちろん権力を利用して私腹を肥やしたにせよ、権力の座を下りたとたんに国民が手の甲を返す。これも韓国の民族性と関係があるのでしょうか?

呉善花(以下、呉):朝鮮王朝時代に取り入れた朱子学の影響で、若々しく輝いているものには従うけれど、廃れゆくものは穢れたものであり背を向けるという価値観が韓国人にはあります。死は穢れなので、亡くなった人が身につけていたものはすべて燃やします。日本のように形見分けという考え方はありません。

歴史も同様で、前の政権のものはすべて壊してしまう。だから韓国には歴史的なものがあまり残っていないのです。高麗時代に栄えた仏教の遺跡も朝鮮王朝時代にことごとく破壊されて、発掘で出てくる仏像は壊されたものがほとんどです。

櫻井:中国の易姓革命によく似ていますね。新しくできた王朝が歴史も全部書き換えてしまう。

呉:そうです。金泳三(キムヨンサム)元大統領は日本的なものはすべて壊すということで、桜の木さえも「日本の匂いがする」という理由で伐採してしまいました。

[ 2016年12月13日 12:05 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(4)

朴氏弾劾で日本にも影 中韓関係は極度に冷え込み

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案可決により朴氏の職務が停止したことで、国政停滞のさらなる長期化は避けられなくなった。朴氏が9日の閣僚会合で自ら述べたように、外交に加え、安全保障や経済分野への影響もじわり出始めている。

朴氏は9月上旬、国際会議出席のためロシアや中国などを歴訪して以来、3カ月間、韓国にとどまっている。崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件で自身への批判が高まるなか、首脳級の国際会議には黄教安(ファン・ギョアン)首相が代理で出席し、外遊の多くは尹炳世(ユン・ビョンセ)外相に任されている。年内開催が困難な日中韓首脳会談が年明けに開催されたとしても、職務停止状態の朴氏が出席することはない。

◆統帥権失い安保懸念
韓国にとって現在、頭が痛いのは中国との関係だ。北朝鮮のミサイルに対処する米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備を決めた韓国を中国は今夏以降、批判し続け、中韓関係は極度に冷え込んでいる。朴氏は対北制裁で国際協調を強調し続けてきたが、対中関係悪化は北朝鮮問題を抱えるなか、不安要素だ。

核とミサイルで威嚇を続ける北朝鮮をにらみ、最後まで安保政策を手放さなかった朴氏だったが、軍の統帥権まで失ってしまった。今後の安保への懸念は保守派を中心に強い。国の安定を第一に考えれば、「日米との関係維持が韓国には最も現実的な道」(ソウルの外交筋)だ。外交、国防当局は朴氏の職務停止の打撃を最小限に抑えようとしている。ただ、保守政権の求心力が低下し、政権を左派に譲るようなことがあれば、外交や安保の見通しは不透明となる。

[ 2016年12月10日 11:51 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(3)

日本海上自衛隊、世界2~3位の戦力保有…戦力強化は平和憲法のおかげ?

日本自衛隊の戦力はどの位の水準に達しているだろうか。
米国のCNN放送が8日、日本の真珠湾攻撃75周年を迎え、「米海軍の歴史で最も壊滅的だった(真珠湾)攻撃以来、75年間で日本は世界で最高水準の軍事力を備えることになった」という専門家たちの見解を紹介し、日本が高水準の軍事力を手に入れることができた秘訣を伝えた。

放送によると、日本の自衛隊が軍事力を強化できた理由は、皮肉にも武力の使用を防御を目的したものに限定した日本の平和憲法だった。CNNがその代表的な事例として示したのは、海上自衛隊の潜水艦戦力だ。米国の潜水艦は潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)など攻撃のための兵器を搭載するために構造が複雑で、建造費用が莫大にならざるを得ないが、日本は攻撃のための兵器を最小化して防御にだけ集中する潜水艦開発に力を注いだ。

このような“防御への集中”によって開発された小型潜水艦は、騒音を最低レベルに抑制したステルス機能を備えている。同放送は「第2次世界大戦後、米国は日本に『武力は自国を防衛するためだけに使わなければならない』という憲法を制定させた。しかし、こうした制約がむしろ日本の戦力をさらに強化するのに役立った」と指摘した。

ジョン・クエン米陸軍指揮参謀大学教授は、自衛隊の現在の水準について「空軍であれ海軍であれ日本は世界のどの国にも(軍事的に)対抗できる戦力」との見解を示した。特に、海上自衛隊は米海軍に次ぎ、世界2~3位水準の戦力を保有していると評価される。

[ 2016年12月09日 10:31 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp