韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  > 

最新記事

サムスン電子、米国内の評判「昨年7位」から「49位」に

米国国内におけるサムスン電子の評価指数が大幅に下落したことが分かった。

20日、米国の世論調査機関「ハリス・ポール」が行った企業評価指数の調査結果によると、サムスン電子は49位を記録した。サムスン電子は2012年に13位、2013年には11位を記録した後、ずっと7位(2014年)、3位(2015年)、7位(2016年)など10位以内に入っていたが、今年の順位は大きく転落した。

今回の調査は昨年末、米消費者2万3千人を対象に企業のビジョンやリーダーシップ、社会的責任、好感度、製品やサービス、勤務環境、財務成果など6項目をオンラインでアンケートしたものだ。

評判が良い1位の企業は電子商取引会社のアマゾンで、2位は食料品チェーン店のウェグマンズ、3位はパブリックス・スーパー・マーケットが占めた。アップルは5位、グーグルは9位、テスラは9位だった。韓国企業は、現代自動車(48位)とサムスン電子(49位)だけが100位以内に入った。

[ 2017年02月21日 09:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

そういうことか・・・日本の電子エンジニアと一緒に仕事をして感じた、日本と中国との差

中国メディア・今日頭条は18日、「日本の電子エンジニアと交流する中で感じた差」として、日本人エンジニアの仕事に対する真剣さを紹介し、製造業におけるその大切さについて説明する記事を掲載した。

記事の作者は数年前に、日本からやって来た1人の電子エンジニアと仕事をする機会があり、昼休みには日本の文化など様々なことについて語り合ったという。その際に「中国のエンジニアはどうですか」と質問したところ、このエンジニアが中国人エンジニアを賞賛したあとで「一部のエンジニアは細かい部分への配慮が足りない。まあこんなもんでいいや、で済ませてしまうことが多い」と指摘したことを紹介した。

また、実際の仕事において、このエンジニアが細部まで疎かにしない真剣さを発揮し、「作り出す製品は確かにとても精巧で良質だった」と説明。製品の性能に対する要求が厳しく、テストで完璧と思える結果が出てもそれに満足せず、さらに改善することで「不可思議に思わずにいられない結果」を叩き出すとし、「彼のテストに付き合うのは正直疲れたが、収穫も実に多かった」と伝えている。

さらに「作業で使用した用具は元通りにきちんと戻し、使えなかった部品もその場に放置せず回収するという素晴らしい習慣にも気づいた。彼に聞くと、日本人はだいたいみんなそうだ、自分で使ったものは自分で片づける」とするとともに、「席を離れる時、座った椅子までわざわざ拭くのだ」と紹介した。

[ 2017年02月20日 11:57 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

トランプ氏、側近を切り捨て 変わり身の早さ、日本の政治家は学ぶべき

ドナルド・トランプ米大統領の最側近の1人、マイケル・フリン氏が米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を辞任した。大統領選中の昨年10月に来日し、菅義偉官房長官や、与野党国会議員、民間の識者とも接触した人物だけに、永田町界隈では残念がる声も聞かれる。

フリン氏を「日米のパイプ役に」と期待したのか、「日本は戦略の練り直しが必要」とまで言った識者がいるが、これは期待過剰ゆえの見当違いな発言と言わざるを得ない。

外交はときに属人的関係に左右される。フリン氏は毀誉褒貶(きよほうへん)ある人物だが、それらとは別に、たとえ側近でキーパーソンでも、1人の去就で練り直さねばならない「戦略」などあってはならない。最近の日本では、「戦略」なる言葉の多用が見られ、多くが「作戦」という言葉で足りることへの誤用だが、その典型的な一例である。

自身を更迭したオバマ政権への恨みからトランプ氏に近づいたフリン氏を、オバマ政権に批判的だった日本の政治家や論客がたちまち信頼する構図は分かりやすい。利害の一致から手を組むのは構わないが、日本人特有の容易に他人を信頼し過ぎる悪いクセ、ナイーブな一面が出かかっていたことが残念でならない。

[ 2017年02月20日 11:33 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp