韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  > 
最新記事

携帯大手vs格安スマホ時代は終わった?サブブランドが勢い増す

MM総研(東京都港区、中島洋所長、03・5777・0161)がまとめた調査によると、格安スマートフォンと呼ばれる格安SIMの2017年度末時点の契約数は1082万件に達した。16年度比で33・7%増えた。携帯電話契約数に占める割合は同1・4ポイント増の6・4%だった。「UQモバイル」など携帯大手傘下のサブブランドが巻き返しを図り、契約数を大きく伸ばした。MM総研は「キャリア対仮想移動体通信事業者(...続きを読む
[ 2018年06月23日 18:51 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

人材不足の半導体製造装置・部材業界、AIで生産効率化急げ

IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)の普及に伴い、半導体製造に使う装置や部材の需要が増加する中、半導体製造装置・部材メーカーもIoTやAIを駆使して生産や顧客サポート体制を強化している。大日本印刷は半導体製造に使う部材の生産をAIで効率化する。キヤノンは顧客サポートでのAI活用を始めた。ウシオ電機は装置の故障防止や機能改善などにAIを導入する。大日本印刷は回路を半導体ウエハーに転写する...続きを読む
[ 2018年06月23日 12:27 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

韓国経済の後退する音が聞こえないか

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は運が良かった。執権初期は国内外の経済が良かった。輸出は順調で税金もよく集まった。不動産景気も上向きで内需も安定していた。おかげで3%台の成長を達成し、所得主導成長や脱原発、福祉拡大などの政策を負担なく推進することができた。だが、快晴だった空のかなたに濃厚な暗雲が立ち込めている。今年下半期から景気が急速に減退するとの懸念が出ている。文政府のJノミクスは重大な岐路に立っ...続きを読む
[ 2018年06月23日 09:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

EV隆盛の中、「ディーゼル車」推すマツダ 異彩放つ〝逆張り戦略〟

世界の大手自動車メーカーが電気自動車(EV)シフトを強める中、ディーゼル車に力を入れるマツダの孤軍奮闘ぶりが目立っている。今春以降にはディーゼル車の主力車種を矢継ぎ早に大幅改良。環境規制の強化などでディーゼル車への風当たりが強まるにもかかわらず、マツダはなぜ独自路線を貫くのか-。「ガソリンとディーゼルのエンジン技術に一日の長がある。その開発の手は絶対に緩めることはない」 マツダは5月24日、東京都...続きを読む
[ 2018年06月23日 09:32 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

新型アップルウォッチは「物理ボタン廃止」 防水性も向上か

アップルウォッチの次期モデル「シリーズ4」では、物理的に押せるサイドボタンやデジタルクラウンが廃止される可能性がある。新型アップルウォッチに関しては、筐体のサイズは同じだが、画面は15%大型化されるなどの噂も浮上している。ニュースサイト「Fast Company」のMark Sullivan記者が関係筋から得た情報によると、新型アップルウォッチでは押し込み型のサイドボタンやデジタルクラウンの代わりに、触覚フィードバック(hapt...続きを読む
[ 2018年06月23日 09:23 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)

不正隠した対応で、三菱マテ新社長 「判断は適切だった」 

非鉄金属大手の三菱マテリアルは22日、本社の工場で品質不正が発覚して竹内章社長(63)が引責辞任を発表した後、初めて記者会見を開いた。 本社の不正を伏せたまま問題の幕引きを図ろうとした同社の姿勢には、この日の株主総会でも厳しい批判が相次いだが、会見した新社長の小野直樹氏(61)は一連の対応は適切だったと繰り返し、批判に耳を貸さなかった。社長交代の発表から11日後。記者会見は小野氏の社長就任を説明す...続きを読む
[ 2018年06月23日 09:08 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp