韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  > 
最新記事

日本の3大都市圏でアルバイトの平均時給が1000円突破

2017年7月21日、韓国・聯合ニュースは、人材不足に悩まされている日本で、昨年、東京など首都圏の平均時給が1000円を超えたことを伝えた。求人情報サイト「リクルートジョブズ」によると、首都圏を含む3大都市圏(首都圏・中京圏・近畿圏)で、先月の平均時給が前年同期比で24円(+2.4%)高の1012円となり、史上最高を記録した。職種別では、コールセンター、経理などのデスクワークが40円(+4%)上昇し1049円に、飲食店従業...続きを読む
[ 2017年07月24日 18:51 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)

現代・起亜自のメキシコ販売 初めてトヨタ上回る

韓国の現代自動車と子会社の起亜自動車が上半期(1~6月)にメキシコ市場で好調な実績をあげ、合計の販売台数が日本のトヨタ自動車を初めて上回ったことが24日、分かった。 両社とメキシコ自動車工業会(AMIA)の統計によると、起亜は上半期にメキシコで前年同期比74.7%増の4万1055台、現代は22.6%増の2万561台を販売した。起亜の増加率はメキシコに進出する大手完成車メーカー15社のうちで最も高く...続きを読む
[ 2017年07月24日 12:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)

トヨタの販売台数を見れば、世界の評価が分かる

2016年のトヨタグループの世界市場における販売台数は1017万台となり、ドイツのフォルクスワーゲングループに抜かれて世界第2位となった。しかし、それまで4年連続で世界一の維持してきたトヨタグループが17年の販売台数で再び世界一に返り咲くことに対して期待が高まっている。 中国自動車市場ではトヨタを含めた日系車は好調な販売を維持しているが、その一方では「日系車の燃費が良いのは手抜きしていて、車体が軽...続きを読む
[ 2017年07月24日 11:39 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

大宇造船が復活…今年「最大実績」予想

大宇造船海洋が今年上半期「サプライズ実績」を出し、長い不振のトンネルを抜け出している。政府と債権団が債務の株式化などで財務構造を安定させた中、2年間に2兆ウォン(約2000億円)台の資産売却と約3000人の人員削減などを通じて従来のコスト競争力を回復したからだ。 造船業界と債権団によると、大宇造船の今年上半期の営業利益は7000億-8000億ウォンという。特に4-6月期の営業利益は1-3月期の実績...続きを読む
[ 2017年07月24日 11:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)

大企業に絶えず「請求書」を出す韓国政府

「最低賃金と電気料金の引き上げに今度は法人税まで…」。 文在寅(ムン・ジェイン)政権に入って大企業が受けた請求書「3点セット」だ。新政権が大統領選挙公約の履行と財政確保のためにこうしたカードを取り出している。大企業の財務担当役員らは「どうして企業の財布ばかり狙うのか分からない」と不満を表している。政府は企業に対して一言も意見を問わなかった。 法人税率引き上げ(22%→25%)が代表的な一方通行式の請...続きを読む
[ 2017年07月24日 11:03 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)