韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  > 

最新記事

韓国政府はなぜ独島少女像、「NO THAAD」レーザーに口を閉じるか

政府のまひ現象があちこちで表れている。崔順実(チェ・スンシル)国政壟断事件以降、外交安保部処までが世論を眺めるばかりで、やるべきことをしていない。独島(ドクト、日本名・竹島)慰安婦少女像設置主張や中国爆撃機の韓国防空識別圏(KADIZ)進入など敏感な外交安保懸案に政府は口を硬く閉じている。

このような現象は日本総領事館前の慰安婦少女像設置事件の時から観測された。昨年末、釜山東区は「未来世代が建てる平和の少女像推進委員会」による日本総領事館前の少女像設置に当初は反対した。しかし外交部は知らないふりで一貫した。「親日派」という非難に耐えられなかったパク・サムソク東区長は「この問題は地方自治体で扱うのは難しい」とし、少女像の設置を容認した。その後、日本の反発で問題が膨らむと、尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官が一歩遅れて「外交公館前に施設や造形物を設置するのは望ましくない」と鎮火に乗り出した。しかし韓日間の葛藤はすでに深まるだけ深まった。

それだけではない。独島少女像設置主張に対してまだ政府の立場はない。独島は天然記念物336号であり、これを毀損する施設は独島に設置できない。なら、これを管理する文化体育観光部が立場を発表するべきだった。外交部の無対応は度が過ぎる。外交部は14日、「汎国民行動」が米大使館建物の正面に緑のレーザーでTHAADミサイル配備に反対する「NO THAAD」という文字を照らしたが、対応しなかった。これは自分たちが気に入らないからといって外国公館に圧力を加える外交的欠礼であり威嚇的な行動だ。

[ 2017年01月19日 10:57 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)

4年ぶり…日本に逆転された韓国の企業家精神

韓国の企業家精神水準が2013年以来4年ぶりに日本を下回ったことが分かった。 「崔順実(チェ・スンシル)国政壟断事態」をめぐる無差別的な特別検察官の捜査や各種規制法案などで委縮する韓国企業と、「アベノミクス」を背にした日本企業の相反する経営環境が反映されたという分析が出ている。

◆停滞する韓国の企業家精神
韓国経済研究院が世界企業家精神発展機構の「2017グローバル企業家精神指数」を分析して18日に出した報告書によると、韓国企業家精神の順位は調査対象137カ国のうち27位だった。経済規模が小さいチリ(18位)やエストニア(23位)よりも低かった。経済協力開発機構(OECD)34加盟国の中でも中・下位圏の23位にとどまった。順位は各国の政府と企業、国民の新事業力量、人的資本、競争体制、製品革新など14項目のアンケート調査の結果および関連制度を点数化して決められた。

韓国の企業家精神水準は数年間停滞している。2015年の130カ国中28位から昨年は132カ国中27位と一つ上昇したが、今年は137カ国中27位だった。 一方、日本の企業家精神の順位は、2015年は韓国より5つ低い33位、昨年は3つ低い30位だったが、今年は韓国より2つ高い25位となった。日本は企業家精神評価14項目のうち▼高度成長(今後5年間に50%以上の売上高成長計画を持つ企業)の比率▼市場競争体制▼企業別職員訓練▼ベンチャーキャピタル資金調達力--など9項目で韓国を上回った。

[ 2017年01月19日 10:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

三星半導体をアウディに搭載、電装事業に本格参入へ

三星(三星)電子が、ドイツのアウディにアプリケーションプロセッサ(AP)「エクシノス」を供給する。三星電子が自動車メーカーに自社ブランドのシステム半導体を納入するのは初めて。エクシノスの販路をモバイルから車両用半導体市場に拡大したことを受け、三星電子が電裝事業に本格的に参入するシグナルだという声が出ている。

●プレミアムAPの「性能証明」を意味
18日、自動車や電子業界によると、エクシノスは、早ければ2019年からアウディ車両に搭載される。APは、コンピュータ中央処理装置(CPU)のように、電子製品の頭脳の役割を果たすシステム半導体だ。エクシノスとは、三星電子が従来のギャラクシーシリーズなどのフラッグシップスマートフォンのラインナップに納入してきたモバイルAPブランドだ。三星電子は、アウディに対して、20ナノDラムなどのメモリー半導体を供給してきた。今回、システム半導体まで納入することになり、自動車用半導体市場進出の確実な足場を持つことになったという評価だ。

アウディに使われるエクシノスモデルは、昨年、「ギャラクシーS7」に適用されたプレミアム級AP「エクシノスオクタ(8890)」だという。アウディは、この半導体をインフォテイメントシステムに採用する予定だ。インフォテインメントとは、車両内カーナビなどのディスプレイを利用して、情報やエンターテイメントを提供するシステムを言う。エクシノスは、早い処理速度や多重支援により、同時に4つのディスプレイを駆動させることができる。

[ 2017年01月19日 10:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp