韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  > 

最新記事

朴大統領側「弾劾審判の最終弁論、3月2~3日に延期することを希望」

朴槿恵(パク・クネ)大統領の代理人らが、24日に予定された弾劾審判最終弁論を3月2~3日に延期してほしいと憲法裁判所に要請した。まだ決定もしていない朴大統領の出席可能性と「コ・ヨンテ録音ファイル」を押し出し、最後まで弾劾審判を遅延させる意図をあらわにした。

朴大統領の代理人らは18日に憲法裁に対して「弁論終結の期日指定に関する被請求人代理人の意見書」を提出したものと、19日確認された。朴大統領の代理人らは意見書で「継続する審理公判に一日中参加しなければならないため、最後弁論の資料を準備するのに少なくとも一週間ほどの期間が絶対的に必要だ」とし、「弁論終結日を3月2日または3日に指定することを希望する」と明らかにした。弾劾審判が2カ月間進められた時点でも「捜査記録を読み証人尋問を準備するのに忙しかった」とし、憲法裁の質問にまともに答弁できなかった朴大統領側は、最後まで「時間不足」を主張した。最終弁論が3月2~3日に開かれれば、イ・ジョンミ裁判官が退任する3月13日まで10~11日しか残らず、憲法裁の評議過程に大きな支障が生じざるを得ない。

朴大統領の代理人らは、朴大統領の憲法裁への出席も積極的に活用した。朴大統領側は「被請求人が弁論終結期日に直接出席し最終意見の陳述をするようになる場合には、現職大統領の身分を尊重し、立場を整理して資料を準備する時間が必要という点も考慮してほしい」と明らかにした。その一方で、18日に別途提出した「被請求人の弁論終結期日の出席および最終意見陳述の有無に関する意見書」では「被請求人が最終弁論期日に出席し、裁判部や国会訴追委員の尋問を受けずに最終意見陳述権を行使できると思慮される」とし、「裁判部の意見を明らかにしてくれれば被請求人が弁論終結期日に出席して最終意見陳述をするかどうか決定する」と明らかにした。

[ 2017年02月20日 10:01 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)

中国, 北朝鮮産石炭の輸入を電撃的に中断

中国が北朝鮮産石炭の輸入を電撃的に中断した。
具体的背景は明らかにされていないが、表面的理由は「国連安全保障理事会(安保理)決議履行」を挙げた。これは今回の措置が新しいものではなく、既に予告されていたことを意味する。しかし同時に、中国が“確固たる”履行意志を対外的に誇示し、北朝鮮と米国を圧迫する意図も伺える。北朝鮮の最近のミサイル発射実験との関連性も注目される。北朝鮮産石炭の最大輸入国が中国であるため、北朝鮮としては相当な打撃になりうる。

中国商務部は18日、ホームページにあげた“12号”公告文を通じて、「安保理決議2321号履行のため、対外貿易法と関連公告に基づいて今年度朝鮮産石炭輸入を暫定中断する」と明らかにした。輸入中断措置は今月19日から今年末(12月31日)までと商務部は付け加えた。今回の措置は2321号が規定する北朝鮮産石炭輸出制限と関連があるとみられる。昨年11月末に国連安保理が採択したこの決議は、今年から年間4億ドルまたは750万トンを超える北朝鮮産石炭の輸入を禁止している。

ただし、中国は今年に入ってからの50日間に、北朝鮮産石炭をどれくらい輸入したかは明らかにしなかった。北京外交消息筋は「中国当局が1月と2月初めに輸入推移を見たところ、年間制限量を超えそうだという判断により先制的措置を取った可能性がある」と話した。決議は昨年12月、北朝鮮産石炭に対しても年末までに5350万ドルまたは100万トンという輸入上限を設けたが、中国は12月が3分の1しか過ぎていない10日に一時中断措置を下したことがある。

[ 2017年02月20日 09:44 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)

輸出大国韓国、世界8位に順位後退

19日、世界貿易機構(WTO)が71カ国を対象に作成する輸出入統計によれば、韓国の昨年輸出額(商品輸出基準)は4955億ドル(約57兆円)で前年より5.9%減った。2015年に8%減ったのに続き2年連続で後退した。輸出が2年連続で減少したのは1956年の統計作成以来1957~58年(-9.7%・-25.9%)以来58年ぶりだ。また、輸出額順位は主要71カ国中の8位に後退した。

2015年(世界6位)に比べて2階段下がった順位だ。輸出額順位は2008年の12位から2009年に9位、2010年7位、2015年6位まで跳躍したが、2009年以後最低順位に再び押し戻されたわけだ。

韓国の輸出減少は世界経済の回復遅延と保護貿易主義の浮上にともなう交易後退と関連がある。昨年主要71カ国の輸出入額を合わせた世界貿易額は、前年より2.7%減少した29兆7410億ドルで、2010年(28兆2480億ドル)以後最低水準に縮小した。2014年(34兆6450億ドル)で頂点に達した後、2015年に11.8%減ったのに続き2年連続で萎縮を免れなかった。

世界貿易額が2年連続で減少したのは第2次オイルショック以後の1981~83年当時に3年連続で減って以来33年ぶりだ。

[ 2017年02月20日 09:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp