韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済
最新記事

日本経済に暗雲、GDP失速=官民は総力挙げ新戦略を

日本経済に暗雲が垂れ込めてきた。昨年10~12月期の国内総生産(GDP)は、市場の予想を大きく下回る落ち込みとなった。新型肺炎の拡大で、今年1~3月期も2四半期連続のマイナス成長が現実味を帯びつつある。「緩やかに回復している」としてきた政府の景気判断は、大きく揺らいでいると思う。大幅マイナスの最大の要因は個人消費の落ち込みである。消費税の増税があった昨年10月以降、幅広い商品で、駆け込み購入の反動とみられる販...続きを読む
[ 2020年02月23日 08:19 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

「在宅勤務に切り替え」がごく一部にしか広がらない根本原因

「日本はのんびりしていますね。マスクをしている人は多いですが、普段通り通勤して。シンガポールとは緊張感が違います」 新型コロナウイルスの感染が日本でも広がりを見せる中、2月中旬にシンガポールから一時帰国した日本人金融マンはこう話す。シンガポールはもともと中国からの旅行者が多い国でもあり、新型コロナウイルスへの危機感は日本の比ではないという。シンガポールの感染者は2月19日現在で81人とされ死者は確認され...続きを読む
[ 2020年02月22日 10:19 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

新型肺炎は日本経済最大の不確実性 黒田日銀総裁単独インタビュー

日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁は17日までに産経新聞の単独インタビューに応じ、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの拡大が「国内経済にとって一番大きな不確実性」だと指摘した。17日発表された令和元年10~12月期の実質国内総生産(GDP)はマイナス成長になった。だが、足元では2年を通じた経済成長率が大きく下振れすることは想定せず、感染の勢いがどこまで持続するかが焦点になると分析。景気に影響が出る...続きを読む
[ 2020年02月17日 18:41 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

韓国の不買運動で販売不振の日本車 割引・リストラなど対策に躍起

韓国で日本政府による輸出規制を受けて始まった日本製品の不買運動の影響で日本車の販売が急減し、日本車ブランドが対応に乗り出している。割引のほか、希望退職を募集するなどリストラまで検討するブランドも出ている。 輸入車業界によると、日本の高級車ブランド、レクサスは17日に発売する小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ニューRX」の購入客に対し150万ウォン(約14万円)の割引を行うとPRしている。レクサ...続きを読む
[ 2020年02月15日 09:33 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

「収益上がらなければ閉鎖」…韓中に押された日本の造船・鉄鋼業界で相次ぐリストラ

日本の造船・鉄鋼業界が経営のスリム化に着手した。中国、韓国など海外のライバル企業との競争が激化し、業績が悪化したことから、リストラで利益を確保する狙いだ。 造船業界によると、日本の造船企業は受注不振で事業を断念する動きが見られる。日本の造船業界は一時、世界市場に君臨した。しかし、技術力競争で韓国に押され、中国とは主力の生産船種が重なり、業績低迷が続いている。造船業界の市場調査会社、クラークソンによ...続きを読む
[ 2020年02月12日 12:15 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

サムスン・アップルの躍進の陰で日本のカメラメーカーが“悲鳴”

2020年2月6日、韓国・マネーSは、「サムスン・アップルの『スマホカメラ』の進撃で揺れる『日本のカメラ』」との見出しで「スマホのカメラ性能が良くなったことでデジタルカメラ市場がのみ込まれつつある」と伝えた。カメラ映像機器工業会(CIPA)によると、19年の世界のデジタルカメラの出荷量は1521万台で、前年比21.7%減少した。今年も前年比23.3%減の1167万台になると予想されている。デジタルカメラ市場が縮小している原...続きを読む
[ 2020年02月09日 15:42 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

「韓国に並ばれる」なぜ日本は貧乏臭くなったか

欧米先進国と同様に、日本でも経済格差が拡大しているのはデータからも明らかです。しかしこれは、「強欲な資本家が労働者を搾取している」という話ではありません。皮肉なことですが、格差拡大の最大の原因は“平和”です。 日々の暮らしのなかで少しずつでも貯蓄できる世帯(中流の上)と、稼いだ分だけすべて使ってしまう世帯(中流の下)があったとしましょう。最初のうちはその差はわずかでも、資産は複利で増えていくのですか...続きを読む
[ 2020年02月04日 10:06 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク