韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米当局者「なぜ我々が韓日の仲裁をしなければならないのか」

米当局者「なぜ我々が韓日の仲裁をしなければならないのか」

「韓国と日本が助けを要請してくる前に、米国が両国の確執解決に乗り出すのは難しいだろう」

日本が韓国の半導体・ディスプレイ中核材料の輸出規制を予告した直後の2日に会ったトランプ政権のある高官は、「2015年の韓日慰安婦合意をはじめ、悪化した韓日関係を米国が解決するために水面下で役割を担うのは、韓日両国が米国に助力してほしいと要請してきたからだった。今はそのころとは違う。今回の確執は韓国と日本が自分たちで解決していくだろう」と言った。

日本が韓国に対する輸出規制を予告した1日、米国務省が韓日確執について見せた公の反応は「米国は韓日との3国間協力をさらに強化することに専念している」というものだった。だが、この高官が告白したトランプ政権の本音は「韓日が望んでもいないのに、米国があえて乗り出す必要があるだろうか」というものだった。

スポンサードリンク
(中略) 米国が以前とは違って仲裁役をためらっている背景には、「同盟」と「多国間外交」に意味を置かない「トランプ式外交」がある。ワシントンの複数の専門家によると、トランプ大統領にとって外交は「両者(二国間)関係」を通じて問題を解決していくものだという。
http://www.chosunonline.com/

2019-05-25-k002.jpg

そもそも日米で瀬取りの監視を実施しているわけで、そこには核開発に使われるフッ化水素の密輸もある。日米での意思疎通の上で進めた事案であれば、日本政府の規制は米国は理解していることになる。安倍首相がトランプ大統領と話をしていないと考えるほうが不自然。規制は軍事目的にに転用される化学物質の規制であって、報復では無い。世界の目は日韓貿易の不安をあおる様に報じている部分が多分にある。日本メディアはもっと理解を高めてしてほしいものだが…。

今回の事を報復と言う韓国メディアの言葉を引用するケースが多すぎる。日本政府の説明も丁寧ではないが、メディアは今のレベル程度はすぐ調査できるだろう。いつから不備があり、どんな懸念があって今回の規制になったのか…。足を使って汗をかいて調査願いたいものである。

関連記事

[ 2019年07月09日 12:13 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(2)
これまで何度も韓国の要請で米国が仲裁役をやってきた。そのつど日本は韓国の要望に対応。今回も韓国が米国に日本を説得するよう要請してる。
[ 2019/07/09 14:19 ] [ 編集 ]
米国発 WP と NYT
朝鮮日報は日韓の「確執」というが、米メディア2紙は
日本の貿易管理の処置とみている。
論争が続くとすれば、
・韓国は信頼が置けない国なのか
・韓国の貿易管理は安全保障上の問題があるのか
日本側はこの論点の寸前の位置で待ち構えている。

米国のワシントンポストと、ニューヨークタイムスは
客観的に報道している。
「信頼がおけない国への輸出は管理が厳格される」と書いている。

Washinton Post 2019.07.01
Japan to restrict exports to South Korea, citing less trust
https://www.washingtonpost.com/business/japan-to-toughen-restrictions-on-exports-to-south-korea/2019/06/30/55c26094-9bad-11e9-83e3-45fded8e8d2e_story.html?noredirect=on&utm_term=.7ea3f29b504e

New York Times 2019.07.09
Japan Says It Won't Talk or Retract Export Rules on S. Korea
https://www.nytimes.com/aponline/2019/07/09/world/asia/ap-as-japan-skorea-trade.html
[ 2019/07/09 17:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp