韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国半導体メーカー、重要素材の「迂回輸入」も検討

韓国半導体メーカー、重要素材の「迂回輸入」も検討

「一部うまくいっても、結局は日本政府が遮断」 日本発の半導体・ディスプレー重要素材の輸出規制が本格化する中、サムスン電子、SKハイニックスなど韓国の主要メーカーが、日本国外の工場から「迂回的に」素材を入手する方法まで検討していることが分かった。

日本政府が輸出規制リストに載せたフッ化水素(エッチングガス)、フォトレジスト(感光液)、フッ化ポリイミドの3点は、韓国の各メーカーが半導体・ディスプレーを生産する上で重要な素材で、最大9割までを日本に依存している。 

韓国大統領府(青瓦台)の金尚祖(キム・サンジョ)政策室長が「(日本の)輸出規制品目は、われわれが持っているリストで最も痛いと感じる1番目から3番目までをまさに突いたもの」と語ったように、企業の立場からすると、在庫をできるかぎり積み上げるという方法のほか、さしたる手がない状況だ。

スポンサードリンク
業界が9日に明らかにしたところによると、サムスン電子、SKハイニックスなど半導体メーカーは社内法務チームなどを動員し、日本のほか台湾・シンガポールに生産拠点を有しているステラケミファからエッチングガスを調達できるかどうか、フォトレジストを生産する東京応化(TOK)が米国・欧州など海外に持つ工場から素材を入手できるかどうかなどを検討している。
http://www.chosunonline.com/

2019-07-03-k002.jpg

化学物質は変更されるたびに全工程で調整が必要になる。日本が輸出規制を強化したレジストの場合、全世界で90%を日本企業が生産している。サムスンやSKハイニックスが世界最高水準の工程に使うだけのレジストが作れる企業は日本企業以外にない。 日本に依存する化学物質は、軍事目的転用となるための規制をもうければ、その影響は計り知れない。逆に言い換えると、日本が規制すれば、軍事目的となる化学物質は、しっかりと規制管理できるという事になる。

製造する韓国企業が重要か、軍事利用を阻止することが重要かは、軍事目的に利用した事例として米国から韓国と言う名称が出た以上、規制されるのは当然となる。今まで規制が無かった事自体がおかしいわけで、そういう部分での調査不足が掲げられる。また日本政府は、8月にも輸出先として信頼できる「ホワイト国」(現在27カ国)から韓国を外す追加措置を発動する方針で、実施すれば3品目だけではなく、工作機械や先端素材、化学薬品などの軍事転用可能な幅広い部材(食品・木材除く)も、韓国向け輸出で政府の個別許可が必要になる。


関連記事

[ 2019年07月09日 18:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
外交カード
規制管理をしっかりやれる、ということは、その気になれば
日本政府が市場で数量と価格の完全な統制が可能ということ。

韓国が緊張の朝鮮半島に存在して、左翼の文在寅が政権に
いる限り、この統制は有効な外交カードだろう。


[ 2019/07/09 23:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp