韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  輸出優遇除外で、米国の沈黙は「計算ずく」か

輸出優遇除外で、米国の沈黙は「計算ずく」か

日本の経済報復が拡大する兆しを見せる中、仲裁の鍵を握る米国の沈黙が長引いている。日本との事前のコンセンサス、自国の半導体産業への反射利益などを計算した「戦略的沈黙」ではないかと分析されている。

専門家らは、韓国がトップの競争力を持つ半導体やディスプレーの供給が途絶えても、米国の情報技術(IT)産業に及ぶショックは思ったほど大きくないだろうとみている。100%の代替が不可能な製品は最上位クラスに限定されているからだ。スーパーコンピューターやデータセンターに使われる高性能半導体、自動走行車両・スマートフォン用に開発された半導体くらいだ。残りは独自調達したり、中国企業から供給を受けたりできる。

韓国半導体メーカーの不振は、米国企業にとっては福音となり得る。サムスン電子・SKハイニックスは、DRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)市場全体の70.4%、NANDフラッシュメモリー市場の43.7%をつかんでいる。DRAMは、韓国の2社の後を米国のマイクロンがぴたりと追っている。

スポンサードリンク
NANDフラッシュメモリーは、韓国がいなくなれば2位の日本の東芝、3位の米国ウエスタン・デジタル、4位の同じく米国マイクロンに需要が回ってくる。半導体の専門家、黄哲盛(ファン・チョルソン)ソウル大学教授(材料工学部)は「韓国産半導体の性能は優れているが、それがないと米国電子産業が致命傷を負うというレベルではない。米国マイクロンに恩恵が及ぶ状況で、米国政府が果たして積極的に仲裁に乗り出すかどうかは未知数」と語った。
http://www.chosunonline.com/

2019-07-03-k002.jpg

米国の沈黙は「計算ずく」とかいうことは無い。化学物質規制において、日米で話し合っているだろう。とはいえ日本の科学物質規制において、米国が語ることでもない。軍事目的に使用されないための規制と考えれば、輸出側が受けた情報で、使用目的などを確認し、輸出することになる。輸入する側は、化学物質の物質証明書等々が添付されているのか確認し、自社管理のルールに従って管理保管することになる。

メモリー半導体シェアが韓国企業が異常に高いというのは、本来関係が無い。輸出量が多くなるだけの話で、使用用途が明確ならば問題は無い。韓国側は何を問題視しているのかが理解できない。日本政府と不足分における最初の貿易について論議し対応するべきだったはず。しっかりと計画持って論議すれば、目的が明確であるならば処置対応方法はあったはず。韓国の動きが異常値であるから企業対応すらも、タイミングを失う結果となる。

関連記事

[ 2019年07月10日 12:11 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
サムスンに景気圧力
いわゆる"シリコンサイクル"は今が底で、
次の好況に向かって、新工場が立ち上がる。
マイクロンの広島工場増設とか東芝四日市新棟とか、
追い上げる中国勢はYMTC、Innotronなどなど。
これら合計が多すぎなら、どこかが減産して調節弁に
なるといいわけで、シェアトップのサムスンがその
調節役になるのは非常に望ましい。
[ 2019/07/10 15:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp