韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「始まったばかり」日本の経済報復、残る3つの峠はいつ?

「始まったばかり」日本の経済報復、残る3つの峠はいつ?

日本政府が強制徴用賠償判決に関連して第三国仲裁委員会を構成するよう要求したことに対して韓国政府が返事を出さなくてはならない日だ。韓国政府が返事を出さない場合、日本政府はこれを次の報復カードを切る名分として利用する可能性がある。

日本政府が仲裁委構成を要求する根拠は1965年に締結した韓日請求権協定だ。協定は請求権関連紛争が発生する場合、第一に外交ルートを通じて解決し(第3条1項)、解決できなければ両国間で仲裁委を構成して(第3条2項)、どちらかが拒否する場合、第三国を通した仲裁委(第3条3項)を構成するように規定している。これに対し、日本は今年1月には第3条1項に伴う外交協議要請(韓国外交部「綿密に検討する」として事実上拒否)→5月には第3条2項に伴う両国仲裁委の構成(韓国政府「慎重に検討中」としながら事実上拒否)→先月19日第3条3項に伴う第三国仲裁委設置を要請した。回答期限は要請日の1カ月後となる7月18日だ。複数の外交消息筋によると、韓国は第三国仲裁委要請を受け入れない方針だ。

スポンサードリンク
7月18日は参議院選挙(21日)を目前に置いた時点だ。安倍政府では韓国を圧迫しながら保守票を結集する一挙両得の時点だ。毎日新聞など日本メディアも7月18日を追加措置の関門として報じてきた。 韓日間2~3級軍事機密を共有するために締結した軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長期間だ。韓日両国は国内の一部反対にもかかわらず、北朝鮮挑発などに関連した機密共有のために2016年11月にこの協定を締結した。1年ごとに延長しているが、韓日のうちどちらか片方が破棄を求める場合、満期90日前に通知しなければならない。その時点を逆算すると、8月24日がその延長期間になる。
https://japanese.joins.com/

2019-07-10-k003.jpg

文政権下では無理。安倍首相の腹の中もさすがに限界にきている。選挙で勝利すれば、また余裕が出てくるだろう。がしかし、意外と厳しい選挙になりそうだ。それだけに、日韓問題よりも今は選挙一色だろう。 一方、日韓秘密軍事情報保護協定は、日本と大韓民国の間で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ軍事情報包括保護協定だが、日本が有する北朝鮮の情報などを韓国が入手できることから、韓国にとって有用であり、既に情報漏れなどが勃発している。

韓国軍艦による「レーダー照射」問題や海自哨戒機の「低空威嚇飛行」問題などで日韓間の対立が軍事面までエスカレートしていた以降、韓国政界では日本との日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)の破棄を求める声が高まっている。

関連記事

[ 2019年07月10日 18:48 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
2週間休戦
1年半くらい振り返ってみると、
日本が韓国のTPP参加を拒絶、2018.2.24
安倍晋三首相「変更考えていない」
・・この辺で、文在寅は対日方針を決めたようだ、

・徴用工判決 2018.10.30
・慰安婦財団解散 2018.11.20
・レーザー照射事件 2018,12,20

何度もいろいろと仕掛けてきたが、
喧嘩をふっかけたら、相手の反撃は
予想できるだろう。

・日韓議員連盟訪韓失敗 2018.12.22
・日韓経済人会議取りやめ 2019,03.11

このへんで、風向きが分かったはずだ、
まず親韓組織の無力化が始まった。

日本は参議院選挙だから、2週間休戦、
[ 2019/07/10 22:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp