韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日韓の対立がエスカレート、米国はなぜ仲裁しないのか

日韓の対立がエスカレート、米国はなぜ仲裁しないのか

2019年7月10日、参考消息は、経済分野にまでエスカレートしつつある日韓両国の対立に米国が積極的に介入しない背景には、米国のち密な算段があるとする、韓国メディアの報道を伝えた。

記事は韓国紙・朝鮮日報の10日付報道を引用。日本が韓国に対する半導体原料の輸出規制を発動したことについて米国が沈黙している理由について「日本と事前に交渉して、自国の半導体産業について算段をつけているからかもしれない」との分析が出ていることを伝えた。

また、専門家からは「100%代替が利かないのは最高級製品だけ。それ以外の製品は自己調達もしくは中国企業からの仕入れが可能であるため、韓国の半導体やディスプレーの供給が中断しても、米国のIT業界にはさほど大きな痛手にならない」との見方も出たとした。

スポンサードリンク
そのうえで、「韓国が世界シェアの90%以上を持っているOLEDディスプレーについても、その主な顧客は韓国のLG電子と日本企業であり、米国企業はOLEDテレビを生産していない」と説明。スマートフォン用OLEDについては、サムスン電子が9割近いシェアを持っているものの、中国メーカーが代替品として利用できるほどに急成長していると紹介した。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-07-11-k005.jpg

補完的輸出規制(キャッチオール規制)に則っただけ。補完的輸出規制(キャッチオール規制等)輸出許可申請に係る手続きはこちら参照。

もっとも安倍首相とトランプ大統領は相談の上だろう。韓国のメモリー半導体シェア抑制となるのも事実。マイクロンや東芝に有利となる。韓国から北朝鮮への危険物質流出を防止できる。アジアで韓国だけがホワイト国というのを、アジアの国々の統一を考慮したわけで、普通に戻しただけ。また日韓貿易の問題に、何故米国が介入しないとならないのか…。あくまでキャッチオール規制に則っただけとなる。

関連記事

[ 2019年07月11日 12:21 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
もうどうでもいい
米国の介入がない、韓国はあてがはずれた、
という記事だ、なので、これは経済報復ではない、
という理解が韓国内にひろがりつつあると、

政治方針の違いから来た現象で、
(A)核武装した統一朝鮮を目指す南北共同戦線
(B)国連決議に従い北朝鮮経済制裁を進める勢力

もちろん、(A)が韓国で、(B)が日本、
混乱の原因は、米国が上の2つとも放置していること、
米国は、もうどうでもいいとみているようだ、
状況を複雑にするのは、韓国経済の悪化、なにしろ、
韓国北朝鮮はお金が欲しい、そこへ打撃がくれば痛い、
[ 2019/07/11 13:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp