韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  米専門家の間では「今回の韓日対立は韓国が始めた」との見方が多数派

米専門家の間では「今回の韓日対立は韓国が始めた」との見方が多数派

マイケル・グリーン米戦略国際問題研究所(CSIS)上級副所長は8日、日本の経済報復で悪化の一途をたどっている韓日関係について、「韓日対立が長期化すれば、最大の被害者は韓国になるだろう」と語った。ジョージ・W・ブッシュ大統領時代に米国家安全保障会議(NSC)アジア担当上級補佐官を務めたグリーン副所長はワシントンを代表する日本専門家で、CSISジャパン・チェアーでもあり、日本の立場や見解を米国に最もうまく説明する専門家だと評価されている。

グリーン副所長はこの日のインタビューで、「ワシントンでは最近、『韓日関係悪化は北朝鮮にとって有利に作用する可能性があり、中国がアジアの米同盟国同士を引き離すチャンスだとして利用するかもしれない』と深く憂慮している」と語った。また、「ワシントンの専門家たちは、韓日関係に関して原罪は日本にあると考えているが、最近の(日本の経済報復につながった)対立状況は韓国が始めたとの見方が多い」とも言った。m

グリーン副所長はさらに、「経済的な面では日本が韓国に依存しているというよりも、韓国の方が日本に多く依存しているため、韓国が最大の被害者になる可能性がある」と述べた。そして、「韓日関係が悪くなれば、(韓日それぞれの)米国との同盟関係も悪化するだろう。

スポンサードリンク
グリーン副所長は、韓国に対しては「韓日関係改善のための委員会構成などを通じ、『ひとまず立ち止まる』ことが必要だった」と考えている。「妥協のための政治的空間を作るのにはひとまず立ち止まることが必要だが、韓国政府はそうした努力をしなかった」と語った。だがその一方で、「安倍首相は大阪G20サミットで文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談をすべきだった」とも言った。安倍首相はほかの国々の指導者とは首脳会談をしながら、文大統領とは首脳会談をせず、「前向きな外交ムードを作れなかったこと」については、日本が批判されるべきだと述べた。
http://www.chosunonline.com/

2019-07-12-k005.jpg

今年1月、米国戦略問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン副所長は、安倍晋三首相の危険性について、以下のように発言している。「憲法改正については、絶対にさせない。キッシンジャーも含めて我々ジャバンハンドラーも、その考えは一切変わっていない。日本の平和憲法というのは、世界に冠たるもので、絶対に変えてはいけないし、ダメだ。だからもう安倍は必要ない。速やかに排除したい」と伝えている。

グリーンの現在の妻であるアイリーン・ペニントンもグリーンとたくさんの共通点を持っており、JETの派遣で長崎県で英語を教えていたという。安倍首相ともつながりがある割には、好き勝手な事を語っているように感じるが…。

関連記事

[ 2019年07月12日 16:06 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
安倍首相がカバーしてくれ
マイケルグリーンという人は、共和党系の中で一時代前の
思想の人で、トランプ政権ではメジャーからはずれる非主流派、
もっと日本たたきの発言をやりたいだろうが、韓国の親北動向も
分かっているから、文在寅支援まではいかない、
>「安倍首相は大阪G20サミットで文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談をすべきだった」
この意味は、トランプは文在寅を軽くあしらったから、安倍首相がカバーしてくれ、
という意味だろう。
米日がつるんで、韓国軽視、韓国無視はまずいだろうと、
文在寅を洗脳して米国側へ引き込みたいのが本音。

米韓同盟の解消、駐韓米軍の撤退の問題で頭が痛いようだ、
韓国も日本も安全保障をもっと考えろと言っている。
[ 2019/07/12 18:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp