韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中間財の中国からの輸入依存度、韓米日のうち韓国の上昇幅が最大

中間財の中国からの輸入依存度、韓米日のうち韓国の上昇幅が最大

韓国が2020年に中国から輸入した半導体は179億3千万ドルで、半導体輸入額全体の39.5%だった。韓国のこのような対中輸入依存度は、米国(6.3%)の6.3倍、日本(18.3%)の2.2倍の水準だ。半導体とともに米国のサプライチェーン再構築4大主要品目とされるバッテリー(リチウムイオン蓄電池)・抗生物質・レアアース類の対中輸入依存度も、米国や日本よりもはるかに高かった。

全国経済人連合会(全経連)は12日、韓国貿易協会、国際通貨基金(IMF)、世界銀行(WB)の統計をもとに、韓米日3カ国の対中輸入依存度を比較した結果、部品・素材を含め中間財の依存度で韓国が最も高く、2018年の米中貿易戦争発生後、最も大幅に上昇したと発表した。

2020年基準の全品目の対中輸入依存度を見ると、日本26.0%、韓国23.3%、米国18.6%の順となっている。世界平均は14.3%だった。部品・素材の依存度は韓国29.3%、日本28.9%、米国12.9%だった。中間財は2019年基準で世界平均10.4%、韓国27.3%、日本19.8%、米国8.1%の順だった。全経連は「韓国と日本の中間財および部品・素材の対中依存度が高いのは、韓中日3カ国が中間財貿易を媒介に経済ブロックでつながっているため」と説明した。
  スポンサードリンク
米中貿易戦争発生直前の2017年に比べ、全体品目の2021年(1~8月)の対中輸入依存度を見ると、韓国が3.8ポイント(20.5%→24.3%)、日本は0.1ポイント(24.4%→24.5%)高くなった。米国は4.2ポイント(21.6%→17.4%)下がった。世界銀行の中間財貿易統計による中間財依存度を見ると、2019年基準で韓国が2017年より0.7ポイント(26.6%→27.3%)上がったのに対し、米国と日本はそれぞれ1.9ポイント(10.0%→8.1%)、0.2ポイント(20.0%→19.8%)下がった。

国内統計(素材・部品総合情報網)によると、2020年と2021年(1~10月)の韓国の中間財の対中輸入依存度は28.3%で同じだった。2019年の27.4%より上がった。部品・素材依存度では韓国と日本がそれぞれ0.1ポイント(29.2%→29.3%)、0.9ポイント(28.0%→28.9%)上がったのに対し、米国は5.7ポイント(18.6%→12.9%)下がった。韓国基準で、中間財に部品・素材が占める割合は3分の2程度だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42260.html

2022-01-13-k002.jpg

韓国の部品・素材・中間材における対中輸入依存度が「韓国と日本・米国の中で最も高い」という分析結果が公開された。特に米中貿易紛争の発生以降、韓国の中間材の輸入依存度が最も大きく上昇している。全経連は「韓国と日本・中国の3か国は、中間材の交易を媒体に経済ブロックとして連結されているため、中間材および部品・素材に対する対中輸入依存度が高い」と説明している。

今回、米中貿易紛争以降で韓国の対中輸入依存度が日本と米国に比べて大幅に増えた。全経連は2017年と昨年1~8月の全品目に対する対中輸入依存度を比較した結果、韓国は3.8%増加した一方、日本は0.1%の増加で米国はむしろ4.2%減少している。特に大容量バッテリー、半導体、核心金属・素材、医薬品・医薬原料品の4品目における対中輸入依存度は、2020年基準で韓国が全て1位であった。

専門家は、主要品目については、中国など特定国家に対する依存度を減らし、国内生産を拡大しなければならないと警笛を鳴らす。

関連記事

[ 2022年01月13日 08:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国へ戻そう
中国は景気が悪いようだ。
中国へ進出した韓国メーカーが、中国で売れないから
母国韓国へ転売している。
[ 2022/01/13 13:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp