韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  オフィステルも「担保割れ」、今年1~7月に保証金570億ウォン返還できず

オフィステルも「担保割れ」、今年1~7月に保証金570億ウォン返還できず

今年7月まで、オフィステルの家主が伝貰(チョンセ=住宅の賃貸保証金)借家人に保証金を返さなかった保証事故の金額が昨年を超えたことが分かった。「カントン伝貰(担保割れ住宅)」の被害が、多世帯住宅(長屋のような集合住宅)からオフィステルに移っている様子だ。

19日、国会国土交通委員会所属の最大野党「共に民主党」の金斗官(キム・ドゥグァン)議員が、住宅都市保証公社(HUG)から提出された資料によると、今年1~7月のオフィステルの伝貰保証金の返還保証保険の事故は291件で、金額では570億ウォンと集計された。これは昨年1年間発生した303件のオフィステル保証金返還事故の金額(566億ウォン)を超えるものだ。この傾向が続けば、今年の事故件数と金額ともに昨年の2倍に達するという見通しが出ている。

マンションや多世帯住宅に比べると、オフィステルの保証事故はさらに急増している。今年7月までのオフィステルの保証事故の金額はすでに昨年を超えているが、多世帯住宅の1~7月の保証事故金額(2474億ウォン)は、昨年(3469億ウォン)の71.3%水準だ。同期間、マンションの保証事故の金額は1077億ウォンで、昨年(1496億ウォン)の72.0%だった。

スポンサードリンク
最近オフィステルの保証事故が増えたのは、不動産市場が過熱し、住宅より相対的に規制が緩いオフィステルに需要が集中したためだ。今年1月にオフィステルなどの非住宅の担保融資が総負債元利金返還比率(DSR)の40%の規制を適用されるまでは、売買価格の70%以上でオフィステルの担保融資が可能だった。金議員は、「オフィステルは、通常、売買価格比伝貰保証金の比率が高く、伝貰保証金の未返還事故に脆弱だ。本格的な住宅価格の下落期に入れば、オフィステルの事故物量はさらに増える恐れがある」と話した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220920/3646573/1

2022-09-21-k005.jpg

オフィステルは、オフィスとホテルを合わせた意味で、建物自体が住宅街ではなく、商業施設が集まる立地の良い所に位置する為、通学がしやすいのが特徴。ワンルームと大きな違いはほとんどないが、室内がきれいで冷蔵庫や洗濯機、電子レンジ、インターネット等、生活に必要最低限の家具家電は基本的についていることが多い。管理人が常駐することが多く、1~2階はお店が入っている為、管理費はワンルームより少し高めとなる。

チョンセとは、契約時にある程度まとまったお金を大家さんに保証金として預けることで、月々の家賃が免除される契約方法。契約期間はどこもおおよそ2年で、契約更新時に預ける額が上がることもあるし、新しい居住者がいれば、退去しなければならない。ただし、契約時に預けた保証金は契約終了時に全額返金される。

関連記事

[ 2022年09月21日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
さあ、金欠韓国の第二弾が始まったよ。

韓国独特の不動産賃貸。入居時に物件価格の8割近く払って家賃無料。大家は大金を手にしてまた不動産投資、借家人はタダで住め退去時には全額戻る…良いことずくめに見えるが…計算ができない馬鹿民族が考えたこの賃貸契約。この契約で一番利口なのは金を握っている者で一番割を食うのが金欠庶民衆。

金の世界では損得は裏表。誰かの損は誰かの儲け。ゆえに金を持っている者が勝ち。資産家といえど自分の金を銀行や誰かに渡してしまった時点でもはや自分の金ではない。銀行に10億円預けてあってもその金は回りまわってすでに誰かの金になっている。論より証拠、試しに銀行に払い戻しを要求してごらん、難癖付けて払い戻しを嫌がるか、融資しますと逆に借金を勧められるから。

さて話を元に戻す。返済事故が増えているのは『意図的』に返さない悪人が多くなったからだ。金が万能社会の韓国では他人の金は自分の金。わが身が可愛いから金を返すなどもってのほか。韓国が日本から借りた金を返さない構図と同じだ。

金をせしめるのに躊躇しない、踏み倒しも平気…こういう層が多いから嘘つき社会になるのさ。知名度上げたいだけの国会議員が問題視したところで何も解決されない。

チョンセが何十年も続いているのは韓国人の計算できない頭と貪欲さが原因だね。
[ 2022/09/21 11:07 ] [ 編集 ]
文在寅の不動産政策がすべて裏目に出た結果といわれる。
尹錫悦大統領に後始末の仕事が回ってくる。

韓国の総人口の半分が集中するソウルだから、賃貸の
需給コントロールは難しいだろう。去年は不足、今年は過剰。
[ 2022/09/21 20:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp