韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  日本経済 >  トヨタが「世界一」から転落し、日本の自動車産業の「ヤバすぎる大崩壊」が始まる

トヨタが「世界一」から転落し、日本の自動車産業の「ヤバすぎる大崩壊」が始まる

スポンサードリンク


日本のクルマの売れ行きが、'70年代後半と同じ水準まで落ち込んでいる―。そんな衝撃的なニュースが、年初から自動車業界に流れた。'22年の国内新車販売台数は、前年比5.6%減の420万台。前年割れとなるのは4年連続で、東日本大震災が発生して大幅減産となった'11年をも下回り、45年前の水準に戻ってしまった。

一方で、躍進したのがインドだ。新車販売台数は前年比25.7%増の約473万台に達し、日本を追い越して中国、米国に続く世界3位に浮上。日本が長年守ってきた地位を奪う形となった。 日本車の販売不振には、半導体不足による減産が大きく影響している。市場ニーズは回復しているが、それに対応できなかったのだ。特に落ち込みが激しかったのがトヨタである。乗用車の販売台数では同社の減少幅が最大で、12%減の約125万台だった。

ただ、半導体不足は各国共通の事情ではあるものの、'22年の中国の新車販売は2%程度伸びた。GMも米国で新車販売を約3%増やし、トヨタを抜いて首位の座を奪い返した。言い訳が許される状況ではない。 日本勢の不振の背景には、何があるのか。少子高齢化、若者のクルマ離れ……トヨタをはじめ、国内メーカー関係者の多くは、そうした外的要因を口にする。

スポンサードリンク

しかし最大のネックが、ついに一般の消費者にも浸透し始め、ガソリンスタンドの廃業が目立つ地方などで本格的にニーズが生まれている電気自動車(EV)で、日本勢が総じて出遅れていることにあるのは、もはや明らかだろう。 '22年は日本国内でもEVの販売が前年比2.7倍の約5万9000台となり、初めてシェア1%を超えた。最も売れたEVは日産自動車が発売した軽EV「サクラ」の約2万2000台だが、独ベンツや韓国の現代自動車などの輸入EVは、前年比107倍となる約1万4000台売れている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/45a2c6237c638907ae95d45f3bfe80a7ab5f3802

2014-02-10-toyota.jpg

トヨタ自動車は1月16日、「2023年生産台数 基準値について」という発表を行なった。この発表によると「2023年生産台数に関して、現時点では1,060万台を上限とした生産台数を目線に取り組んでまいります」としており、2023年1月~12月で国内・海外合わせたグローバル生産で1060万台を上限に生産を行なっていく。

この1060万台は、トヨタが四半期ごとの決算で発表している年度見通しとは異なり、2023年のカレンダーイヤーにおける生産台数の目安。「1割程度下方リスクの変動幅」を持たせるとしているが、2023年はこの数字をベースに「人員体制や設備能力対応の目安の基準として、生産対応についてコミュニケーション」していくという。

トヨタは「販売・生産・輸出実績」で暦年の販売台数や生産台数を発表しているが、これまでの過去最高は2011年の905万3517台。2022年累計では832万7166台と発表しており、1060万台はトヨタ自動車(トヨタ・レクサス)として過去最高。2022年と比べては約230万台の上積みを目指すものとなる。

リスク要因としては、半導体不足の問題、世界的な人不足の問題、コロナのリスクで稼働が止まることなどを挙げ、それらのことが複合的に起きた場合で1割程度の下振れが起きるとした。



関連記事

[ 2023年01月24日 11:05 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(3)
トヨタは業績好調で、営業利益はピークアウトしたもの
最終利益2・3兆円の見通し。
戦略を変えて、国内は効率重視の生産で、人気車種でも
無理な増産はしない。1年半待ちが珍しくないとか。
トヨタ社長は今年の春闘に1回目で満額回答。
軽はグループの下位メーカーに任せて、万全の市場支配。
[ 2023/01/24 13:19 ] [ 編集 ]
去年新車に買い換えようと思いディーラーに行っても半年から一年待ちだと言われた。しょうがないので車検をもう一回取った。半導体不足で生産出来ないらしい。
[ 2023/01/24 13:58 ] [ 編集 ]
モーターレーシングの世界では、ルマン24HにトヨタHBが5連勝。
ポルシェが出てくるが機材は963というハイブリッド。
来年はトヨタHB対ポルシェHBの戦いになる。
ポルシェはEVバージョンも開発しているらしいが、EVは
燃料補給の代わりに、電池交換となるのが難点。
といっても、EVタクシーは電池交換が標準になるらしい。
[ 2023/01/24 21:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp