韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  中国
最新記事

中国、8月の半導体生産量24.7%急減で、1997年以来最大の減少幅

中国の先月の半導体(集積回路)生産量は247億個で、前年同期比24.7%減少したことが分かった。1997年に集計を始めて以来最大の減少幅で、新型コロナなどによる生産減少と景気鈍化の影響とみられる。中国国家統計局の16日発表によれば、中国の8月の半導体生産量は247億個で、前年同期に比べ24.7%減少した。1年前の昨年8月に発表された中国の半導体生産量は321億個だった。1年で約70億個の半導体生産が減ったことになり、1997年に...続きを読む
[ 2022年09月19日 08:13 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

中国企業の上場、欧州が初めて米国超え

中国紙・環球時報(電子版)は9日、英フィナンシャル・タイムズが「中国企業の上場、欧州が初めて米国を超えた」とする記事を掲載したことを伝えた。以下は環球時報が紹介した記事の概要。ロンドンとチューリヒの証券取引所は米中の脆弱(ぜいじゃく)な地政学的政治関係の恩恵を受けている。中国企業が今年、欧州で株式売却により調達した資金は米国の5倍以上になった。こうした資金調達活動は中国企業の欧州における取引額が初め...続きを読む
[ 2022年09月13日 08:13 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

中国の半導体産業は10年以内に倍増へ、カスタム半導体がトレンドに

中国メディアの上観新聞は12日、「中国の半導体産業の規模は10年以内に倍増へ、カスタム半導体がトレンドに」とする記事を掲載した。記事によると、8日に開催された「2022新思科技(シノプシス)開発者大会」で、半導体設計支援ソフトウエア最大手、米シノプシスのサシーン・ガージ最高執行責任者(COO)は、「ビッグデータや人工知能(AI)などのテクノロジーが半導体のエコシステムに試練をもたらし、先進的なソフトウエアのサプ...続きを読む
[ 2022年09月13日 08:03 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)

対ロシア制裁で大赤字の独天然ガス企業、政府に再び「救難信号」=中国

2022年9月9日、中国中央テレビ(CCTV)は、ロシアに対する制裁の影響で巨額の損失を抱えているドイツの天然ガス輸入企業最大手のウニパーが、ドイツ政府に再度の支援を求めたことを報じた。同局はニュース番組の中で「ウクライナとロシアの軍事衝突、西側による対ロ制裁の影響により、欧州の天然ガス価格が大幅に値上がりしている」とし、すでに巨額の損失を抱えているドイツ最大のロシア産天然ガス輸入業者であるウニパーが先日、...続きを読む
[ 2022年09月12日 07:43 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

世界最大規模のEVAフィルムプロジェクトが江蘇省連雲港市に着工

世界最大規模のEVAフィルムプロジェクトが7日、連雲港石油化学産業拠点で正式に着工された。プロジェクトが全面的に完成した後、中国のハイレベル太陽光発電材料の世界市場シェアが大幅に向上する。中央テレビニュースが伝えた。投資総額約216億元(1元は約20.7円)の連雲港EVAフィルムプロジェクトは、EVAフィルム装置3つ、高性能エンジニアリングプラスチック装置1つ、ハイレベルポリオレフィン装置1つを建設する。EVAフィル...続きを読む
[ 2022年09月11日 07:42 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

1回の充電で1000キロ走行、中国CATL スーパーバッテリー開発

中国のバッテリーメーカーが1回の充電で1000キロメートルの走行が可能な新製品を発表した。インフレ抑制法により北米で作ったバッテリーと電気自動車にだけ税制優遇を与えるなど米国の牽制にも価格と性能を前面に出し、ものともしない姿だ。中国日報網など中国メディアが30日に伝えたところによると、1回の充電で1000キロメートルの走行が可能な寧徳時代新能源科技(CATL)のバッテリーを搭載した電気自動車が来年...続きを読む
[ 2022年08月31日 08:31 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)

BYDの日本市場挑戦の背景と勝算

2022年8月24日、中国メディアの新浪財経は、中国の電気自動車(EV)大手BYDの日本進出戦略について紹介する文章を掲載した。以下はその概要。BYDが日本市場に全面進出しようとしている。日本全国に100店舗を構え、2023年の3車種発表を皮切りに断続的に新車を発表していく計画だ。 BYDは、日本の乗用車市場参入に向けて長い時間をかけて準備を進めてきた。その端緒は1999年にまで遡ることができ、当時は日本企業に対して創業時の主...続きを読む
[ 2022年08月27日 07:37 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp