韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国
最新記事

中国の不動産バブル崩壊か…業界2位の不動産会社が破産の危機

中国で第2位の巨大不動産開発企業が、3000億ドルを超える膨大な負債で破産に追い込まれている中、中国の不動産市場の「バブル崩壊」が始まるのではないかという見方が出ている。今回の危機の背景には、「共同富裕論」を掲げ不動産市場に対する強力な規制を示した習近平国家主席の「政治的判断」があり、今後の中国政府の対応に関心が集まっている。米国の格付け会社フィッチは8日、中国で第2位の不動産開発会社・中国恒大集団(エ...続きを読む
[ 2021年09月11日 08:12 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

「中国の産業根こそぎ壊すかも」…恐怖に包まれた世界の大口投資家

中華圏の証券市場が2日連続で急落した。27日の中国上海総合指数は2.49%、香港ハンセン指数は4.22%下落した。アリババが6.35%、テンセントが8.98%、美団が17.66%などプラットホーム企業が下落しただけでなく、韓国の個人投資家が最も多く保有する中国株の恒瑞医薬も7.97%下落した。中国政府の規制が最近になり教育サービス、音楽ストリーミング、フードデリバリープラットホームなどに拡大し不安...続きを読む
[ 2021年07月28日 09:16 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

「世界のiPhoneの50%生産」フォックスコン工場、中国の洪水で稼動中断

中国河南省の豪雨で鄭州にあるフォックスコンの工場が稼動を中断する状態になったと米ウォール・ストリート・ジャーナルと中国国営グローバルタイムズが21日に報道した。台湾系のフォックスコンはアップルの「iPhone」の主要サプライヤーで、鄭州にある工場3カ所で全世界のiPhoneの50%以上を生産する。報道によると、17日からの記録的な豪雨によりフォックスコンの工場と寮も浸水と停電する被害を受けた。フォ...続きを読む
[ 2021年07月23日 08:34 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

カツラ市場の成長率6年連続20%超、10カ月待ちの商品も

最近、カツラを購入する若者がますます多くなり、一部の人にとってカツラは今やファッションだ。カツラ市場は非常に大きなポテンシャルを秘め、多くの企業がそこに商機を見る。中国中央テレビが伝えた。上海豫園の商業圏にある100年の歴史を持つカツラ店の店員によると、「カツラには主に全カツラと部分カツラの2タイプがあり、毛の材質には人毛と人工毛がある。人毛カツラの価格は1000元(約1万7000円)から数万元と幅がある」と...続きを読む
[ 2021年07月03日 08:42 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

日本から毎年1億本輸入、中国のペンはなぜ日本に勝てないのか

2021年6月8日、観察者網は「毎年日本から1億本のボールペンを輸入している中国、どうして国産品は日本に勝てないのか」とする記事を掲載した。 記事は、中国では近年、各都市の学校周辺を中心に日本の有名ブランド文具を扱う店舗が増え、無印良品やLOFTなど文具も扱う日本の雑貨店も人気を集めていると紹介。また、日本の文房具ブームにあやかって中国ブランドは日本製品を模倣したような製品を数多く販売しているものの、そっく...続きを読む
[ 2021年06月13日 09:25 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

中国漁船がレーダーから頻繁に消える謎

2021年6月2日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトによると、中国漁船がアルゼンチン海域で意図的に信号を消して不法操業している疑いがあるとの報告を米国の海洋保護団体が発表した。記事によると、米海洋保護団体Oceanaが2日、2018年1月から21年4月にかけてアルゼンチンの排他的経済水域(EEZ)付近で操業をする船800隻が発したGPS信号を調査した結果を発表した。信号が捕捉できた時間は合計90万時間に及び、そのうち70%が計400隻...続きを読む
[ 2021年06月05日 08:04 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

人民銀が金融機関の外貨預金準備率を引き上げ、何のシグナル?

中国人民銀行(中央銀行)は5月31日、金融機関の外貨流動性管理を強化するために、2021年6月15日より、金融機関の外貨預金準備率を2%引き上げ、これまでの5%から7%に高めることを決定したと発表した。中国新聞社が伝えた。 最近、人民元レートは急速に上昇しており、輸出当局と実体経済の回復に大きな圧力をもたらしている。これと同時に、市場には一部の投機的な見方が出現し、人民元の上昇をあおり、悪意をもって一方的な上昇...続きを読む
[ 2021年06月03日 07:49 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp