韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国
最新記事

世界はますます中国経済に依存、だが中国はその逆

2019年7月16日、米華字メディアの多維新聞は、世界経済がますます中国に依存する一方で、中国は世界への依存度を下げつつあるとする記事を掲載した。 記事は、米マッキンゼー・アンド・カンパニーによる調査報告で、2015~18年の各四半期のうち6割で中国の経済成長の主体が国内消費だったことが分かったと紹介。中国が対外貿易への依存度を下げつつあることの現れであり、中国の経済成長の原動力はもはや貿易や投資ではなく国内消...続きを読む
[ 2019年07月18日 08:35 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

AIIBの加盟数が100カ国・地域に達する

2019年7月14日、中国新聞網は、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の加盟数が100カ国・地域になったと伝えた。 記事は、ルクセンブルクで13日に行われたAIIBの年次総会で、ベナン、ジブチ、ルワンダの3カ国の加盟を承認し、加盟数は100カ国・地域に達したと紹介。また、すでに18の加盟国で45のプロジェクトが行われており、承認された融資額は約85億ドル(約9170億円)に達したと伝えた。 記事によると、ベナン、ジブチ、ルワンダの3...続きを読む
[ 2019年07月14日 18:57 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

ごみ分別で新製品・新職業が人気!回収業の月収はホワイトカラー以上も

水分を含まないごみと含んだごみを分けられるごみ箱が売り切れ、ネットで予約して家まで来てもらう廃品回収サービスが大人気になり、ごみ分別処理施設が集中的に建設されるなど、ごみの分別が全国で加速的に推進されるのにともない、「ニュートレンド」がもらたした産業の「 ニュー ブルーオーシャン」が知らず知らずのうちにそこまでやって来た。こうして生まれた新製品、新職業、新投資が人々の生活の中に溶け込みつつある。新華...続きを読む
[ 2019年07月14日 09:35 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

日韓などの対中投資が目立って増加、「中国は外資系企業を抑圧しない」

米国側が一方的に起こした貿易摩擦により、このところ、一部の外資系企業は中国における投資・経営に関する信頼に影響を及ぼしたり、抑圧されることを懸念する外資系企業もある。これについて、中国商務部(省)の高峰報道官は11日、「中国はいかなる外資系企業をも抑圧しないし、いかなる外資系企業も差別しない。中国は断固として外資系企業の中国における合法的権利・利益を保護する」と強調した。人民日報海外版が伝えた。 商...続きを読む
[ 2019年07月13日 08:24 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

米報告書「中国との5G戦争で米国は敗れつつある」

2019年7月8日、中国のニュースサイトの参考消息網によると、香港英字紙アジア・タイムズ・オンラインはこのほど、「米国は5G(第5世代移動通信システム)戦争で中国に敗れつつある」とする記事を掲載した。 記事は、アルファベット元会長のエリック・シュミット氏やリンクトイン創業者のリード・ホフマン氏、アスペン研究所元CEOのウォルター・アイザックソン氏らテクノロジーの権威や学者などで構成されるDefense Innovation Boar...続きを読む
[ 2019年07月10日 08:42 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

ファーウェイCEO「われわれのOSはAndroidより60%速い」

2019年7月5日、澎湃新聞は、ファーウェイの任正非CEOが自前のOS「鴻蒙」について「Androidよりも60%速い」と語ったと報じた。記事は、任氏が4日にフランスの週刊誌ル・ポワンの表紙を飾るとともに、同誌で15ページにわたる任氏の特集報道が掲載されたと伝えた。その中で任氏が自らの経歴とファーウェイの足跡を紹介するとともに、西側諸国によるファーウェイへの憂慮や疑念について回答したと紹介している。 任氏は、ファーウェイ...続きを読む
[ 2019年07月08日 08:22 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

中国が南シナ海の人工島からミサイル発射か、中国側は否定

米国で、中国が南シナ海の「人工施設」でミサイルを多数発射したとの見方が出ている。中国メディアの環球時報は2019年7月5日付で、国防部やその他の専門家が否定したと報じた。 中国海事局は6月下旬、南シナ海で「軍事任務」を行うとして、6月29日午前0時から7月4日午前0時までの期間における航行禁止海域を指定した。指定された海域はパラセル諸島(西沙諸島)とスプラトリー諸島(南沙諸島)の中間の海域で、ベトナムとフィリピ...続きを読む
[ 2019年07月07日 08:34 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp