韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会
最新記事

新型コロナ感染爆発前夜の日本で、何が起きているのか

2020年11月22日、騰訊網に、「新型コロナ感染爆発前夜の日本で、何が起きているのか」とする記事が掲載された。記事は、21日に日本国内での新たな新型コロナ感染者数が2586人と、1日の新規感染者数で初めて2500人を超えたと紹介。冬の時期に入って急速に感染者が増加していると伝えた。その上で、日本で感染者が急増している理由を3点挙げて説明している。まず1点目は、感染への警戒を緩めるタイミングが早すぎたとし、来年の東京...続きを読む
[ 2020年11月24日 09:04 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)

日本、防疫放置でやられた…新型コロナ1日2300人感染確認

日本の新型コロナウイルス感染者が爆発的な増加の兆しを見せている。18日に日本全国における一日当たりの新型コロナ新規感染者が初めて2000人を超えたのに続き、19日も新規感染者が2363人に達し、二日連続で最多感染者数を更新した。同日は東京都だけで534人の感染者が明らかになった。東京都では、二日連続で最多感染者数の記録が出たのを受け、警戒レベルを4段階ある中で最も高いレベルに引き上げた。同日は北海道で226人、愛知...続きを読む
[ 2020年11月20日 09:30 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)

マスク着用で口呼吸は「唾液力低下で感染症リスク増大」 鼻呼吸を心がけて、不必要なときは外してメリハリを

新型コロナで街の様子がすっかり変わった。「マスクをしていなければマナー違反だ」とされ、人々の意識がガラリと変化した。記録的な猛暑となった夏場でも、熱中症の危険にさらされながら欠かせなかったマスク。しかし、マスクをすることで「唾液力(量・質)」が低下して、反対に細菌・ウイルスによる感染症のリスクが高まる可能性があるという指摘がある。 「マスクを着けると、息苦しさを感じてしまい、つい口で呼吸してしまう...続きを読む
[ 2020年11月13日 09:44 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)

宅配便受け取り個数、日本人が最多の年間平均72個

世界の宅配便の取扱個数が過去最多の1000億個を記録した。ドイツの週刊誌「フォークス」の報道によると、郵便物の発送に使う郵便料金計器などを扱う米ピツニーボウズ(Pitney Bowes)が13日に発表した世界の年間宅配便取扱個数指数によると、2019年、日本人が受け取った宅配便の数は年間1人当たり平均72個でトップだった。一方、中国は、宅配便取扱個数が最多の国だった。環球時報が伝えた。宅配便取扱個数指数は、中国、米国、日...続きを読む
[ 2020年10月18日 09:18 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)

「GoToトラベル」の効果は限定的、日本の観光業はやはり外国人観光客が頼り

2020年10月15日、中国メディア・中国新聞社のアプリ「華輿」は、日本政府による「GoToトラベル」の効果は限定的で、日本の観光業は外国人頼みだとする記事を掲載した。新型コロナウイルスの感染拡大で大打撃を受けた観光業を救うため、日本政府は7月22日から政府が旅行代金の一部を負担する「GoToトラベル」キャンペーンを開始し、旅行や消費を推奨している。しかし、その効果について記事は、「9月30日に観光庁が発表したデータに...続きを読む
[ 2020年10月18日 09:08 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)

ノーベル賞、意外な大穴候補 日本勢は3年連続受賞なるか!?

5日からノーベル賞ウイークが始まる。2018年に本庶佑・京大特別教授(78)、19年に吉野彰・旭化成名誉フェロー(72)が受賞した日本勢だが、3年連続の受賞はあるのか。科学ジャーナリストでNPO法人21世紀構想研究会理事長の馬場錬成氏に聞いた。5日発表の医学・生理学賞では、がんや糖尿病、パーキンソン病、潰瘍性大腸炎などにかかわる「小胞体ストレス応答」を研究する森和俊・京大教授(62)が昨年に続き有...続きを読む
[ 2020年10月05日 09:08 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)

失われた20年はイメージにすぎない、日本経済の復活が中国に与えるヒント

2020年10月1日、中国のポータルサイト・百度に「日本経済の失われた20年はあくまでイメージだ」とする記事が掲載された。記事は、日本が1985年のプラザ合意後に「失われた20年」あるいは「失われた30年」と言われる経済低迷期に陥ったと広く認識される一方で、日本が今なお世界で3番目の経済大国の地位を保っていることを紹介。その背景には、プラザ合意後にそれまで輸出に依存していた日本経済の発展構造を輸出と消費の二本立てに...続きを読む
[ 2020年10月05日 08:47 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp