韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済
最新記事

ユニクロは150億円超え!日本企業も中国の爆買いセールに「便乗」して大きな成果

このほど終了した2019年天猫(Tmall)の「ダブル11」(11月11日のネット通販イベント)は、取引額が2684億元(約4兆260億円)に上り、昨年の2135億元(約3兆2025億円)を超えて、前年同期比約25.7%増加した。中国を沸き立たせるこのイベントは、日本でも各界関係者の大きな注目を集めている。経済参考報が伝えた。阿里巴巴(アリババ)が達成した取引規模に、日本メディアから称賛の声が次々上がる。メディアの中には、「アリバ...続きを読む
[ 2019年11月21日 15:48 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

グーグルーアリババに対抗する「1億人のプラットフォーム」がやって来る

ネイバー創業者の李海珍(イ・ヘジン)氏と孫正義ソフトバンク会長が、米国と中国が牛耳っているグローバル情報通信技術(ICT)の覇権に対抗して、同盟構築を公にした。両社は18日、各社の子会社であるラインとヤフージャパンの経営統合を来月から推進すると発表した。グーグル、アリババなどに対抗する1億人以上のユーザーを確保した巨大なプラットフォームが誕生するのだ。同日両社は、それぞれ50%の株式を持つジョイン...続きを読む
[ 2019年11月19日 08:47 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)

日本はどうやってイノベーション環境を維持してきたか

日本はバブル経済が崩壊してから、経済成長率が長期的に低迷し、日本経済の「失われた20年」などと言われている。この時期には、資本投資の伸びも労働力投入の伸びもボトルネックに直面した。しかし日本政府は科学技術イノベーションを強化し、イノベーション環境の建設を充実させることで、経済成長を主導する要因が要素による駆動からイノベーションによる駆動へと転換するよう力強く後押しした。日本は常に科学技術の研究開発を...続きを読む
[ 2019年11月16日 09:24 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

韓国で激減していた日本車の販売量が急増、不買運動の危機を克服?

2019年11月14日、韓国メディア・韓国経済によると、日本製品不買運動の影響で急減していた日本車の販売量が10月に大幅に増加した。韓国の産業通商資源部が発表した資料「10月の自動車産業の動向」によると、トヨタ、レクサス、ホンダ、日産、インフィニティの5メーカーの韓国での販売量は1977台で、9月(1103台)に比べて79.2%増加した。前年同月比では58.4%減となったが、日本が韓国に対する輸出規制を強化し、韓国で日本製品...続きを読む
[ 2019年11月15日 11:08 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

関東電化工業が安徽省宣城市に合弁会社設立し半導体・液晶用特殊ガスを生産

関東電化工業が安徽省に合弁会社設立し半導体・液晶用特殊ガスを生産 / ウインテストが武漢に半導体自動検査装置の製造販売などの子会社設立。関東電化工業は杭州東旺皇帝管理諮詢(所在地・浙江省杭州市)との合弁により安徽省宣城市で半導体・液晶用特殊ガスを製造販売する会社を設立する。関東電化工業が2019年11月14日付で発表した。関東電化工業によると、中国では半導体・液晶用特殊ガス類は需要拡大が見込まれており、現地...続きを読む
[ 2019年11月15日 10:55 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

焼き肉から食用昆虫まで…人々の想像力を塗り替え続ける日本の自動販売機

中国メディア・新京報は10日、日本に存在する数々のユニークな自動販売機や、その発展の道のりについて紹介した。 記事は、「自動販売機といえば一般的に飲み物やスナック菓子を扱うものが多いが、日本ではそこで思いも寄らないごちそうも購入することができる」と説明。だし道楽の「だし自販機」、平沼商店の「焼肉のタレ自販機」、熊本県の風船専門店DISCOVER BALLOONの「昆虫食自動販売機」など、日本各地に見られる一風変わっ...続きを読む
[ 2019年11月13日 08:36 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)

フッ化水素世界最大手ステラケミファ、営業利益が10分の1に

高純度フッ化水素の世界市場でシェア70%を占める日本企業、ステラケミファは7-9月期の営業利益が前年同期の10分の1にまで激減した。日本政府が韓国へのフッ化水素輸出を規制したことで、業績が悪化するというブーメラン効果を生んだ格好だ。ステラケミファは8日、7-9月期の売上高が前年同期比21%減、74億600万円、営業利益が88%減の1億4800万円だったと発表した。9月中間決算も売上高が12%減の171億4000万円、営業利益が54%...続きを読む
[ 2019年11月11日 09:42 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp