韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  2019年12月
最新記事

韓国造船業、今年も中国を抑え受注量首位の見通し

韓国造船業が昨年に続き、今年も中国を抑え、受注実績で世界首位となる見通しだ。韓国造船業は昨年、受注量が7年ぶりに中国を上回り、首位を奪還していた。造船業界によると、英造船・海運専門調査会社、クラークソンがまとめた今年1-11月の全世界の船舶受注実績で韓国は712万CGT(標準換算トン数)となり、世界シェア36%を記録した。受注額は164億ドルだった。2位中国は受注量が708万CGT(シェア35%)で、受注額は153億ドルだ...続きを読む
[ 2019年12月30日 09:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

再就職した中高年賃金労働者の6割、月200万ウォン稼げず

2019年12月28日、韓国・聯合ニュースの中国語版サイトによると、韓国で再就職した中高年賃金労働者の6割が月に200万ウォン(約18万8000円)も稼げないことが分かった。韓国統計庁がこのほど発表した統計結果によると、昨年10月までの1年間に再就職した40〜64歳の賃金労働者の62.5%は、月の賃金が200万ウォン未満だった。具体的には「100万〜200万ウォン未満」が50.9%で最も多く、「100万ウォン未満」が11.6%、「200万〜300万...続きを読む
[ 2019年12月30日 08:47 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)

日本で22万人近い数の子どもが不登校になっている背景

2019年12月29日、中国メディアの信息時報は、日本で22万人近い数の子どもが不登校になっている背景について紹介する記事を掲載した。記事は、「日本では1950年代から不登校の問題が出現したが、ずっと根本的な解決策がないままである」と紹介。文部科学省のデータによると、2018年に年間30日以上欠席した不登校の小中学生は16万4528人と過去最多となり、小学生が4万4841人で前年から9809人増、中学生が11万9687人で、前年から1万68...続きを読む
[ 2019年12月30日 08:38 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)

若者による無謀な借金が中国に危機をもたらす

米ブルームバーグは24日、「Z世代(1990年代後半~2000年生まれ世代)の借金に対する恋心から、中国は危機にひんしている」と題した記事を掲載した。26日付で中国メディア・環球時報が伝えた。記事はまず、中国で増えているという債務問題について、「一部の企業が借入過多なだけでなく、家計による借入が急速に増加し、記録的な数字を打ち出している」と説明。「これは無謀な借金をする若者のせいと言ってよく、仮に彼らを野放し...続きを読む
[ 2019年12月30日 08:26 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

防衛省、北の新型ミサイル対応で新迎撃システム開発へ

防衛省は、北朝鮮などの弾道ミサイルの脅威が高まっていることを受け、新たな迎撃ミサイルシステムを開発する検討に入った。陸上自衛隊の03式中距離地対空誘導弾(中SAM)を改修し、弾道ミサイル迎撃能力を付与する研究を来年から始める。北朝鮮が開発している変則軌道で飛来する新型ミサイルなどに対応する性能を目指す。複数の政府関係者が28日、明らかにした。完成すれば、海上自衛隊のイージス艦が発射する迎撃ミサイル...続きを読む
[ 2019年12月29日 12:15 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)

韓国・文大統領に“ドス”を効かせた安倍首相 「韓国政府の責任で解決策を示せ。そちらが態度を変えなければ…」

中国・成都で開かれた日中韓サミットに合わせて、安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が24日、会談した。両首脳の正式会談は1年3カ月ぶりだ。だが、文政権の下で、凍りついた日韓関係の雪解けは、とても期待できそうにない。そもそも、首脳会談を望んだのは、どちらだったか。韓国側に決まっている。それは、11月にタイで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議の際、文氏が半...続きを読む
[ 2019年12月29日 09:36 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)

あまりにもそっくり、中国コピーゲームに韓国業界は我慢の限界

韓国のゲーム開発業者が中国製の「コピーゲーム」に対し、訴訟という強硬手段に出た。韓国のゲーム業界が中国を相手にけんかを仕掛けるのはかなり異例のことだ。中国製のコピーゲームは2000年代初めに韓国のゲーム開発業者が中国市場に進出したころからの慢性病だ。しかし、中国という世界最大のゲーム市場を失いかねないと考え、韓国メーカーは様子をうかがってばかりだった。コピーゲームの存在を知りながら、見てみぬふりをする...続きを読む
[ 2019年12月29日 09:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp