韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  2021年06月
最新記事

日本から毎年1億本輸入、中国のペンはなぜ日本に勝てないのか

2021年6月8日、観察者網は「毎年日本から1億本のボールペンを輸入している中国、どうして国産品は日本に勝てないのか」とする記事を掲載した。 記事は、中国では近年、各都市の学校周辺を中心に日本の有名ブランド文具を扱う店舗が増え、無印良品やLOFTなど文具も扱う日本の雑貨店も人気を集めていると紹介。また、日本の文房具ブームにあやかって中国ブランドは日本製品を模倣したような製品を数多く販売しているものの、そっく...続きを読む
[ 2021年06月13日 09:25 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)

東京五輪後に政治はどう動く? ワクチンは9月末に8割接種、10月10日に衆院選の投開票も

東京五輪の開幕まで約1カ月半となった。五輪とパラリンピック閉幕後の政治シナリオはどうなるだろうか。 菅義偉首相のこれまでの言動からみると、新型コロナウイルス対策が最優先で、その中で五輪・パラリンピック開催や衆院解散を考えているのだろう。当面の政治スケジュールを確認しておこう。通常国会は延長なしで6月16日までだ。東京都議会選挙は25日告示、7月4日に投開票される。東京五輪は7月23日から8月8日、...続きを読む
[ 2021年06月13日 09:09 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)

「ワクチンもクスリもない、タケヤリで戦えというのか」…五輪反対論が拡大

3月初めに韓国に戻って以降、会う人たちは決まって私に「東京オリンピック(五輪)は本当にするのか」と尋ねる。朝日新聞の先輩記者から聞いた言葉をそのまま使って「するようです」と答えている。ところが5月26日の朝日新聞に「夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める」と題した社説が掲載された。朝日新聞は五輪公式パートナーであり、日本だけでなく海外でも話題になった。私も驚いて先輩に電話で確認したところ、「このよ...続きを読む
[ 2021年06月13日 08:48 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)

G7開催直前に刀抜いた中国「我が国の企業を制裁なら積極対応」

主要7カ国(G7)の首脳が11日から13日まで英国に集まり、中国問題について協議することが予定されている中、中国が西側の対中国制裁に対応する法律を制定した。米国による中国企業制裁に対して「覇権主義」と非難しながらも対抗措置を自制してきた中国だが、今後は西側の制裁に積極的に反撃するという意味だと受け止められている。中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は10日、北京で会議を開き、「反外国制裁...続きを読む
[ 2021年06月13日 08:37 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)

「中国の成長神話は忘れろ」現代自動車北京第1工場売却に込められたビジョン

現代自動車は中国の北京第1工場の売却を進めている。同工場は最近数年続いた中国国内での販売不振で2019年4月に稼働を中断した。現代自は2年余り遊休状態だった同工場を売却し、本格的に経営の効率化を進める方針だ。北京第1工場は現代自が海外に設けた最初の生産拠点で、2010年代半ばまで現代自の中国市場での成功街道をけん引する象徴的な工場だった。同工場は2002年12月、量産態勢を整え、EFソナタを中国で発売した。04年1月に...続きを読む
[ 2021年06月13日 08:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

引退後も忙しい…韓国65-69歳の半数は「生計のために仕事」

保健福祉部(省に相当)が7日に発表した「2020年老人実態調査」によると、65歳以上の年齢層の経済活動参加率は08年の30.0%、17年の30.8%から20年は36.9%と年々上昇している。65?69歳の年齢層だけを見ると、経済活動参加率は08年の39.9%から20年には55.1%まで跳ね上がった。08年に調査がスタートして以降、初めて半数を超えた。高齢者層の経済活動の理由は、「生活費の工面」という回答が73.9%に達した。生計のために「生業戦...続きを読む
[ 2021年06月12日 08:49 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)

韓銀総裁「通貨政策の正常化」、またも利上げのシグナル

「現在の緩和的通貨政策を、今後適切な時点から秩序をもって正常化していかなければならない」。 韓国銀行の李住烈(イ・ジュヨル)総裁は11日、韓銀創立71周年記念演説で、今年下半期(7〜12月)の重点推進事項についてこのように明らかにした。先月27日の記者懇談会で、年内の基準金利引き上げの可能性を示唆してから半月ぶりに再び強く発言し、金利引き上げのシグナルを送ったものと見られる。李総裁は、「これまで行...続きを読む
[ 2021年06月12日 08:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp