韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  2022年08月
最新記事

1回の充電で1000キロ走行、中国CATL スーパーバッテリー開発

中国のバッテリーメーカーが1回の充電で1000キロメートルの走行が可能な新製品を発表した。インフレ抑制法により北米で作ったバッテリーと電気自動車にだけ税制優遇を与えるなど米国の牽制にも価格と性能を前面に出し、ものともしない姿だ。中国日報網など中国メディアが30日に伝えたところによると、1回の充電で1000キロメートルの走行が可能な寧徳時代新能源科技(CATL)のバッテリーを搭載した電気自動車が来年...続きを読む
[ 2022年08月31日 08:31 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)

10月に電気・ガス料金を再び値上げへ、今年だけで3度目=韓国

今年10月に、電気料金とガス料金がまた同時に値上がりする。4月と7月に続き、今年だけで3度目の同時引き上げとなる。ガスなどの燃料を高く輸入して消費者に安く供給し、韓国電力公社と韓国ガス公社の損失負担が大幅に増えているためだ。政府は韓電とガス公社の損失を放置できないという立場でありながらも、庶民の物価負担がさらに増える恐れがあり、引き上げ幅をめぐって議論している。29日、政府とエネルギー業界によると...続きを読む
[ 2022年08月31日 08:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

韓国、来年から0歳児の親に月70万ウォン支給

来年から満0~1歳の子どもを養育する世帯に月35万~70万ウォン(約3万5900~7万1800円)の「親給与」が支給される。現在、満0~1歳の子どもを育てている家庭に月額30万ウォン(約3万800円)支給されている乳児手当てが親給与に変更され、支給額が増える。30日の国務会議で確定した2023年度保健福祉部予算案を見ると、来年1月1日から満0歳の子どもを育てる家庭には月70万ウォン、満1歳の子どもを育てる家庭には月35万ウォンの親給与...続きを読む
[ 2022年08月31日 08:14 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)

韓国政府、北米製EVのみ補助金支給する「インフレ抑制法」成立受け、米国に特使派遣

米国の「インフレ抑制法(IRA)」の発効で、北米で最終的に組み立てられたもの以外の電気自動車(EV)が補助金支給対象から除外されたことに対応するため、韓国政府の代表団が訪米した。韓米はこの問題に対する政府間協議を進めていくことにしたが、直ちに目に見える成果を期待するのは難しいというのが大方の予想だ。産業通商資源部のアン・ソンイル新通商秩序戦略室長、企画財政部のソン・ウンギ通商懸案対策班長、外交部のイ・...続きを読む
[ 2022年08月31日 08:04 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)

韓国は、米中の半導体戦争では“どっちつかず”

サムスン電子のイ・ジェヨン副会長は、光復節の復権後初となる公式の動きとして、2022年8月19日、京畿道龍仁(ヨンイン)にあるサムスン電子器興(キフン)キャンパスで開かれた次世代半導体の研究開発団地の着工式に参加した。サムスン電子は、2028年までに20兆ウォン(約2兆円)を投入し、合計10万9000平方メートル(3万3000坪)規模の研究開発団地を建設する計画だ。器興の半導体研究開発団地は今後、非メモリ半導体とメモリ半...続きを読む
[ 2022年08月31日 07:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)

不動産バブルがはじけた韓国、通貨売りと連動、複合危機に

韓国でマンション価格の下げ足が一気に速まった。不動産バブルがはぜ始めたのだ。おりしも激化する通貨売りと絡み、複合的な危機に陥る可能性が高いと韓国観察者の鈴置高史氏は見る。鈴置:今年初め、韓国のマンション価格が頭打ちになりました。その後、じわじわと下げていましたが、6月になって突然、下げ足を速めました。今や、つるべ落としの状況です。 韓国ではマンションは投機の対象。ちょっとした小金持ちは借金をしてマン...続きを読む
[ 2022年08月31日 07:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

1ドル=1350ウォンも崩れ、底がわからない恐ろしさの韓国経済

この日国会予算決算特別委員会に出席した秋慶鎬(チュ・ギョンホ)副首相兼企画財政部長官は「国際機関や米国など主要国で韓国を評価する際、外国為替健全性にも問題はなく十分な外貨準備高もあるので大丈夫だ(と評価する)。貿易収支赤字が経常収支赤字を増幅させた通貨危機の時とは違う」と強調した。だが過去の危機とは様相が違い、マクロ健全性指標が良好だという理由で生半可に安心する状況ではない。同じ形態の経済危機が繰...続きを読む
[ 2022年08月31日 07:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp