韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  2022年11月

最新記事

韓国人の黒字人生は、26歳から61歳、その後は赤字人生

韓国の国民は27歳から労働所得が消費より多い「黒字周期」に入り、43歳で黒字がピークに達し、61歳から「赤字周期」に入ることが分かった。2020年基準で15~64歳の労働年齢層が出した161兆ウォン(約16.8兆円)の税金と社会負担金は、幼年層に78兆ウォン、老年層に83兆ウォン配分されたと集計された。韓国統計庁が29日発表した「2020年国民移転勘定結果」によれば、2020年の総消費は1081兆8千億ウォン(約112兆円)、労働所得は984...続きを読む
[ 2022年11月30日 08:11 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)

尹大統領、バイデン米大統領らと来年の「民主主義サミット」共催に合意

尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が米国のジョー・バイデン米大統領らと来年3月29日から2日間開かれる第2回民主主義サミットを共同主催することで合意した。 大統領室は30日、報道資料を出し「民主主義サミットの共同主催を通じて域内の先導的民主主義国家として、韓国の民主化の経験と反腐敗に向けた努力などを国際社会に共有し、価値観外交の地平を持続的に拡大していく予定だ」とし、このように明らかにした。第1回民主主義サミ...続きを読む
[ 2022年11月30日 08:03 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)

韓国・尹大統領が「戦闘的労組」と全面対決で物流危機

尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権は、最大野党「共に民主党」に次いで、全国民主労働組合総連盟(以下、民主労総)とも全面対決に乗り出したようである。韓国の民主労総は、活動を通じ組合員の福利の向上を図るばかりでなく、政治闘争をも繰り広げる過激で戦闘的な労働組合である。総組合数は2032、組合員数は69万3662人ともいわれる。 民主労総の組合活動で有名なのが現代自動車である。同社はブルーカラーも含め、平均年収が1000...続きを読む
[ 2022年11月30日 07:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

韓国で家計の債務が最悪水準に、借金で仮想通貨を買って一発逆転狙う若者も

韓国では緩和的な金融政策の継続期待に支えられ、不動産市場では「マンションの価格上昇は間違いない」といった強気心理が高まった。2022年7月末、韓国の住宅価格は過去最高を記録。その裏で、家計の債務残高が急速に増加している。21年7~9月期、韓国の家計債務残高は対GDP比106.0%の過去最高に。22年1~3月期も同105.4%と高い水準だ。支出が収入を上回り、借り入れに頼る家計が増えた。生活費や債務返済のために、ビットコイン...続きを読む
[ 2022年11月30日 07:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)

韓国政府も来年の成長率見通し1%台に引き下げか

韓国政府が来年の経済成長目標を2.5%から1%台に下げることを検討している。経済協力開発機構(OECD)と韓国銀行、韓国開発研究院(KDI)など主要機関が来年の経済成長率見通しを1%台に下方修正したのに続いてだ。景気が急速に落ち込んでおり、政府の来年の経済政策方向は危機管理に焦点が合わされる見通しだ。企画財政部が28日に明らかにしたところによると、韓国政府の「2023年経済政策方向」と修正経済見通...続きを読む
[ 2022年11月29日 10:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

韓国、貨物連帯のストでセメント業界「来週には生産停止」

民主労総全国公共運輸社会サービス労働組合・貨物連帯本部(以下、貨物連帯)の集団運送拒否(ストライキ)により、セメント業界が真っ先に打撃を受けている。セメント出荷への支障が可視化しており、ストライキが1週間以上続けば貯蔵庫不足で生産が中断する恐れがあるとの見通しが示されている。鉄鋼や自動車業界でも出荷に支障が生じている。全国の主要港湾のコンテナ搬出入量は通常に比べ80%ほど減っている。セメント業界の経...続きを読む
[ 2022年11月29日 10:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

尹錫悦政権が、輸出の血脈である物流に影響を与える貨物連帯の問題をなぜ放置したのか

尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領就任後の6カ月間、大統領夫妻の舌禍と奇行に政界と大衆の注目が集まっていた中、最も重要な問題が見落とされていた。経済危機の問題だ。最近の貨物連帯のストライキがそれをよく物語っている。尹大統領が就任した直後の6月、貨物連帯はストライキを行った。当時、貨物連帯は「安全運賃制を持続的に進め、品目拡大などを議論する」ことで政府と合意し、ストライキを解除した。しかし、この5カ月間、...続きを読む
[ 2022年11月29日 10:25 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp