韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  モンゴル大統領に会った北朝鮮指導部、脱北北方ルート遮断要請か!

モンゴル大統領に会った北朝鮮指導部、脱北北方ルート遮断要請か!

2013-10-17-kim-1.jpg

韓国政府は、北朝鮮訪問中のモンゴルのツァヒアギーン・エルベグドルジ大統領と北朝鮮指導部が、主な脱北ルートである「モンゴルルート」の閉鎖に関して議論したと把握している。

政府当局者は30日、「北朝鮮がエルベグドルジ大統領の北朝鮮訪問の間に、脱北者問題に関連してモンゴルの協力を要請した可能性が大きいと見ている」と話した。これに先立ち北朝鮮は、崔富日(チェ・ブイル)人民保安部長の8月のモンゴル訪問以降、「両国の保安機関の間の交流と協力を一層発展させることや相互関心事について意見を交換した」として両国協力を強調していた。人民保安部は韓国の警察に該当する部署で、「韓国の脱北者を除去する」という特別談話を発表するなど脱北者問題に敏感に反応してきたところだ。

モンゴル政府は、国境を越えてくる脱北者を受け入れて韓国行きを望む場合は宿泊を提供するなど相対的に脱北者問題に寛大な政策を展開してきた。このためモンゴル(北方ルート)はゴビ砂漠を越えなければならない困難にも関わらず、タイ・ミャンマーなどの南方ルートとともに脱北者の2大ルートと呼ばれてきた。

スポンサードリンク
北朝鮮は2004年、モンゴルが脱北者の中継地になるのを防ぐために1999年に撤収した北朝鮮大使館を再設置した。2007年には中国がモンゴルルートの中の1つである内モンゴル(内蒙古)自治区の国境に鉄条網を設置するなど北中の脱北者協力を緊密にして年間100人余りに達するモンゴルルート利用の脱北者も減少傾向だ。北朝鮮はモンゴルの協力を受けてモンゴルルートの完全遮断を希望していると言われている。

北朝鮮は、今回のエルベグドルジ大統領の北朝鮮訪問の間に羅先(ナソン)経済特区開発など経済問題と関連して、モンゴルとの協力強化について深く議論したと分かった。モンゴルは中国・ロシアなど内陸を通らずに地下資源を輸出できる羅津(ナジン)港進出に関心を持ってきており、北朝鮮も経済開発のための外資誘致を強化して中国・ロシア・モンゴルをパートナーとして指折り数えてきた。

エルベグドルジ大統領は、北朝鮮訪問当日の28日に金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長に会って北朝鮮と工業および農業分野での協力と文化・体育・観光分野での協力に関する協定を締結した。30日には朴奉珠(パク・ボンジュ)首相とイ・リョンナム貿易相らに会って経済協力に関した緊密な議論をした。この日北朝鮮側は、モンゴルに派遣した1700人余りの北朝鮮の人材拡大、情報技術(IT)と農畜産分野での経済協力などを議論したことが分かった。

エルベグドルジ大統領は29日には板門店(パンムンジョム)と開城(ケソン)の恭愍(コンミン)王陵、平壌(ピョンヤン)の錦繻山(クムスサン)太陽宮殿を訪問し、30日には崔泰福(チェ・テボク)最高人民会議議長らに会った後、平壌金日成(キムイルソン)競技場で北朝鮮とモンゴルの少年サッカー競技を観戦した。韓国政府当局は31日、出国前にエルベグドルジ大統領が金正恩(キム・ジョンウン)第1書記と面談する可能性もあると見ている。

2人が会う場合、金委員長が2011年に北朝鮮最高指導者になって以降、初の外国首脳との会談になる。2004年に当時のナツァギーン・バガバンディモンゴル大統領が北朝鮮を訪問したが、金正日(キム・ジョンイル)総書記と首脳会談は実現できなかった。

http://japanese.joins.com/article/736/177736.html?servcode=500§code=500


関連記事

[ 2013年10月31日 09:45 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp