韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国と拮抗するのが安倍氏にとって世界への貢献?

中国と拮抗するのが安倍氏にとって世界への貢献?

2013-10-21-ca.jpg

日本の安倍晋三首相は対中関係改善の必要性をぺちゃくちゃとしゃべり続けているが、口先だけで信用ならないこの政治屋は中日関係破壊の道を突き進んでいる。安倍氏は先日、ウォール・ストリート・ジャーナル紙のインタビューで、日本が中国と拮抗することで世界はより良くなり、世界への一層の貢献となるとの奇怪な論理をぶち上げた。(人民日報「鐘声」国際論評)

「釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題について、中国が法にのっとった行動ではなく、武力による変更を試みていることに対して多くの懸念がある。日本はアジア太平洋地域で経済だけでなく、安全保障分野でもリーダーシップが期待されている。日本は一層貢献することで、この世界をより良くしたい。日本が貢献する1つの重要な手段が、アジアで中国と拮抗することだ」というのが安倍氏の言い分だ。

■中国と拮抗するのが安倍氏にとって世界への貢献?

真相をはっきりさせ、是非を弁別するには、安倍氏の論理の出発点から話し始める必要がありそうだ。釣魚島問題はいかにして激化したのか?2012年9月10日は、取り返しのつかない日となった。日本政府は中国側の再三にわたる厳正な申し入れを顧みず、中国固有の領土である釣魚島及びその附属島嶼である南小島と北小島のいわゆる「国有化」を宣言した。日本は中国の領土主権を深刻に侵害しておきながらもなお、中国が強力な反撃措置を取ることはないとの幻想を抱いていたが、そんなうまい話がこの世にあるものか。

スポンサードリンク
釣魚島及びその附属島嶼の主権はその領海と領空を含めて中国に属する。中国海警局の艦船・飛行機による正常な巡航は領土を守る責務の行使であり、自国の領土主権の理にかなった合法的な維持について非難し、干渉する権利は誰にもない。無人機を含む中国軍機による東中国海の関係海域での正常な訓練と通過は、国際法と国際的慣行に沿ったものだ。中国機が他国の領空を侵犯したことはないし、他国の飛行機が中国領空を侵犯することも断じて許さない。安倍氏の言う「中国が武力で現状を変更する」ことは、全く根も葉も無い話だ。

「経済的リーダー」に関しては、安倍氏と矛を交える必要はない。アジアには各国の共同発展を受け入れるだけの大きさがあると、われわれは以前から繰り返し述べている。世界第2の経済大国である中国は、日本経済が真に好転して、世界経済の安定と回復に対して、足を引っ張るのではなく確かな貢献を果たすことを心から望んでいる。

だが日本が安全保障分野でリーダーとしての役割を演じることについては、慎重に扱い、強い警戒を維持する必要がある。日本にその役割を演じる能力があるかどうかは、また別の話だ。重要なのは、安倍政権下の日本が、歴史の道理と正義を公然と歪曲し、戦後国際秩序にほしいままに挑戦し、隣国との関係を意図的に悪化させていることだ。このような国が本当にアジアの安全保障分野でより重要な役割を演じるようになった場合、それは果たして幸いなのか、災いなのか?

安倍氏は安全保障分野で日本のリーダーシップを望んでいるという国を列挙してみたらどうだ。日本が平和憲法を打破することに対するこうした国々の警戒心をどう解くのかはっきりと説明してみたらどうだ。マレーシア紙ニューストレーツ・タイムズが「ASEANとの距離を近づけたいとの安倍首相の希望は具体的で明確な要因の支えを欠き、ASEANから支持と信頼を取りつけるのは難しい」と論じた理由をはっきりと説明してみたらどうだ。英紙フィナンシャル・タイムズが「日本の常軌を逸した言動がアジアの平和を脅かす」との見出しの記事を掲載し、日本外交は滑稽さと危険との間を徘徊していると嘲笑した理由をはっきりと説明してみたらどうだ。

インドのシン首相が述べたように、同盟と対抗という旧理論はすでに時代後れであり、協力のメリットは対抗を大きく上回る。これは、とっくにアジア諸国の共通認識となっている。拮抗によってアジアを分裂させようとする国が、どうして外部世界の信頼を得られようか?どうしてアジアの安全保障分野のリーダーになれようか?

米スタンフォード大学アジア太平洋研究センターのダニエル・スナイダー副センター長は「日本はドイツと同じく、自らの戦時犯罪に対する弁護を放棄し、かつ明確に懺悔の気持ちを表明してかつての戦争に関する様々な懸念を解決して初めて、リーダーとしての役割を真に担うことができる」と鋭く指摘した。

安倍氏は中国の国際的イメージを傷つけ、アジアの安全保障の雰囲気を悪化させる道を突き進みすぎて、最低限の現実感さえ喪失した。(編集NA)

http://j.people.com.cn/94474/8442625.html

watasi-1.jpg

【管理人コメント】

中国メディアにしては強気の発言だな。

反日が始まったのは中国からだ。

日本からでは無い。

尖閣を守るために日本は必死だ。

本来なら日中韓でアメリカの分まで世界をリードしたいところだった。

反日で様子が一変した。

日本領土を侵略しようとする中国と謝罪要求ばかりする韓国とは、協力できる状態では無い。

経済低迷を反日にされては困る。

日本は謝罪しているでは無いか?

歴史観ではなく、歴史上戦争の幕引きは済んでいる。

安倍政権で、また幕引きを行わなければならないのは残念だ。

中国ほどの大国が、こんな小さな日本を攻めても意味は無いと思うが…。。。

戦争当時の強さも威力も今の日本には無い。

我々は戦争経験も無い。中国という大国とまともに戦えば負けるだろう。

だが尖閣を攻めれば政府は日本を守らねばならない。

自衛隊の名称が、防衛軍に変わろうとも戦力は同じだ。

まして一般人は韓国のように軍事教育も受けていない。自衛隊のみでしか戦えない。

同時にアメリカは日本に原爆を落とした責任がある。

だから日本と同盟国となっているのだ。

日本と戦うという意味は、アメリカと戦うのと同じだ。

日本とアメリカの両方では、今の中国では同盟国には勝てないのは解っているはずだ。

中国メディアも冷静な目で、中国国内へ報じるべきだ。

このサイトを見て、中国国内へ報道する事を望む。

戦争を行えば歴史に残る。どちらかが負けたと歴史に残る。

そんな歴史よりはアジアの大国として、世界経済の低迷を救ったという歴史の方が勇敢では無いのか?

私はそう思う。 と報じて欲しい。


関連記事

[ 2013年10月31日 21:03 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp