韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「どの角度からもドコモを抜いた」 ソフトバンク、来期は売上高7兆円目指す!

「どの角度からもドコモを抜いた」 ソフトバンク、来期は売上高7兆円目指す!

2013-11-01-k013.jpg

「売上高、営業利益、純利益、どの角度から取ってもドコモを上回ることができた」――ソフトバンクの孫正義社長は10月31日の決算会見で、高らかにこう宣言した。買収した米通信会社Sprint Nextelやモバイル端末卸売大手Brightstar、ゲームパブリッシャーSupercellをてこに、グローバル市場での成長を誓う。

ソフトバンクの4~9月期の連結売上高(IFRS)は前年同期比72.7%増の2兆5986万円、営業利益は66.6%増の7150億円、最終利益は84.1%増の3949億円。売上高にはSprint買収による上乗せ分など「飛び道具」が乗っているが、「飛び道具でも何でもいいから(ドコモを)超えればいいんだ」と孫社長の鼻息は荒い。

営業利益には、ガンホー・オンライン・エンターテイメントやウィルコムの連結化による「約2500億円の一時益、“飛び道具”が含まれている」が、来期は「一時益を含まずに1兆円の営業利益を目指す」。2015年3月期の連結業績予想は、売上高を7兆円、一時益を含まない営業利益を1兆円に設定した。

スポンサードリンク
ドコモiPhone参入も「われわれが一番売れた」

9月発売の新モデルから、iPhone販売にNTTドコモが参入。「心配したが、ふたをあけてみるとわれわれが一番売れた」と、BCNがまとめた量販店の販売データ(9月20日~10月20日)を示す。同調査では、iPhone 5s/5cの販売シェアは、ソフトバンクが40%、ドコモが30%、auが26%となっている。

9月の契約者純増数は、ソフトバンクがトップ。10月も「また1番になったのではないか」とし、ドコモのiPhone参入は業績にはマイナスに響いていないとの認識を示した。

「あらゆる面で世界一」目指す

スマートフォン時代、端末が各社が横並びになる中で「競争の源泉はネットワーク」だと孫社長。基地局の積極的な増設などで、「つながりやすさがナンバーワンになった」と強調する。

「ゲームを制するものがスマホコンテンツを制する」と、このほど買収したフィンランドのスマートフォン向けゲーム会社Supercellのノウハウを活用し、ガンホーのゲームを世界展開していくと説明。SupercellのCEO・イルッカ・パーナネン氏も会見に現れ、「世界中で楽しんでもらえる真のグローバルゲームを作る」などと話した。

Sprintは、ネットワークの改善や端末調達コストの削減、営業の強化などを通じて成長させる計画。Brightstarの買収により、調達する端末数が「AT&TやVerizonの2~3倍、ドコモの5~6倍」に達したとし、そのメリットを「これから徐々に、結果をもって示していきたい」と述べた。

「端末、コンテンツ、プラットフォーム、ネットワークでも世界一になりたい。あらゆる面で、言い訳抜きで、世界で一番を目指していきたい」と孫社長は話している。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1310/31/news137.html


関連記事

[ 2013年11月01日 10:56 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp